2019年02月05日

スポーツの科学 積極的アンバランスの勧め!!

みなさんこんばんは!


毎週月曜日の夜は「スピード・ジャンプ力アップ」をテーマらお届けいたしております。


今日は「積極的アンバランスの勧め」というテーマでお届けしたいと思います。


前回の記事では、筋肉のバランスが崩れていませんか?というテーマでお話していましたが、今日は「積極的アンバランスの勧め」となると・・・


真逆のこと言ってんじゃない?


このおっさん何言ってんだ?


なんて思われる方もいるかもしれませんが、大真面目に言っています(^^)


前回言っていたのは、筋肉の左右の出力差があまりに激しいと、方向転換などの際に弱点となる方向が生まれやすいというお話をしていました。


今日は、そういう筋肉的なことではなく「動作のきっかけ」についてです。


動作のきっかけというのは、スポーツをする上ではとても重要なポジションを占めます。


yjimage-3.jpeg


このきっかけの部分がスムーズにいくのか?


適切なきっかけが生まれているのか?


これらの成否によって、スムーズに動作ができたり、動きの「キレ」に繋がっていくことがスポーツシーンでは多いのです。


そして今日いいたいのは、この「きっかけ」の部分において、あえて「アンバランス」を作る事が大切ですよ!! と言いたいのです。


特に「軸が大切」とか言っているような方達にこれは言いたいです(^^;


軸が大切・・・・確かに大切です。


しかし、こういうことを言う方達の中には、常に身体は軸を中心にバランスが取れていることが理想であると考えている方が少なくないと思います。


例えば、ゴルフなどはその典型です。


しっかりと静止し、そこからゆっくりと軸を中心にバックスイングを始める・・・・みたいな感じです。


これですね・・・あまりよくないんです。


人は「動きの中でバランスを取る」ことに長けている動物です。


完全に静止した状態から、「毎回同じ」ように動きを始めるのはとても難しいものなのです。


それよりは、一瞬「動き」を入れて、あえて「アンバランス」な状態を作った方が、その後スムーズに動けることは多くの場面で見受けられるものです。


最もポピュラーなのは「自転車」でしょう。


自転車でハンドルを切るときって、皆さんのイメージでは、まっすぐ走っている状態から進行方向にハンドルを切っているイメージだと思います。


しかし、自転車というのは、曲がるとき自然と一旦「反対側」にハンドルを切り、自転車がその動作で進行方向に、遠心力の力で倒れる動作をきっかけにして、ハンドルを進行方向に切りなおして曲がっていくものです。


これをまっずくの状態から、反対側にハンドルを切らずに進行方向にハンドルを切るだけだと、非常にギクシャクした動きになってしまうものです。


ハンドルの切り方は本能的に行なっているので、毎回毎回切る角度は微妙に違うはずですが、この「一瞬のアンバランス」を作ることによって、人はそれを正確に修正しながら動作を正確に行える特性を持っています。


ゴルフで言えば、レッドベターという有名なコーチがいましたが、このコーチによると、スイングを始める前に一瞬「膝を内に入れる」動作を入れて「きっかけ」を作ることを勧めていました。


膝を内に入れるということは「バックスイングとは反対方向に一瞬身体を動かす」ことであり、また、その動作により左右の重心バランスも中央からやや外れアンバランスな状態が生まれます。


ゴルフのようなミリ単位の正確さを求められるスポーツにおいても、一瞬小さなアンバランスの動きを入れることによって、そのあとスムーズな動作に入れるものなのです。


走っている最中に左右に方向転換する場合も、足を一旦外側に開いて着地し、体がその動作で傾くことによってスムーズに方向転換ができます。


スキーのストックを使う動作なども一瞬のアンバランスを作ることで動作のきっかけを生む動作です。


昔イチロー選手が「振り子打法」と言って、片足を盛大に振りながら打撃していたのも、「アンバランスの中にあるバランス」を利用したフォームです。


バランスを取るために、一瞬アンバランスを作るということは、スポーツをしている方にとってはとても大事な観点です!!


スポーツをしている方は、よろしければご参考にしてください(^^)


ではでは!!!
posted by てっちゃん at 00:00| ジャンプ、スピード、アジリティ