2017年11月21日

スポーツしている方必見!! 「重力」の使いかた!!!

みなさんこんばんは!!!


毎週月曜日の夜は「スピード・ジャンプ力向上」をテーマにお届けいたしております。


今日は、「スポーツしている方必見!! 重力の使いかた」というテーマでお届けしたいとおもいます。


人間が地球で生活する以上、必ず影響を受ける力があります。


それは「重力」です。


スポーツシーンにおいて、この「重力」をいかに使うのか?


これはとても大切な要素になります。


ある意味で、重力をいかに上手に使えるかどうかが、一流ブレーヤーとそうでないプレーヤーとの「差」になるのではないかとすら感じずにはいられません。


いやいや、重力って・・・・


強い筋力とスピード、瞬発力や技術があれば大丈夫でしょ!!!!


なんて思っている方も多いと思いますが・・・


甘いです!!!


それだけしか頭にないとちょっと上のレベルにいくのは厳しいと思います。


もちろん、それらの面を普段から鍛えておく事は基本です!!!


しかし、それにプラスαとして「重力」をいかに上手く使いこなせるのか」が身につくとプレーヤーとしてさらに高みにのぞめるでしょう!!


まず、重力の使い方が最も威力を発揮するのは「コンタクト形」のスポーツです。


組み技系の格闘技や、バスケットボール、サッカー、ラグビー、アメフトのように、相手とぶつかる事の多いスポーツにおいて圧倒的に威力を発揮します。


たとえば、柔道を例に例えてみましょう。


相手に組み付かれて投げられそうになったとき、皆さんどうしますか?


大抵の場合、その場でグッと脚に力を入れて足を「ふんばる」のではないでしょうか?


「踏ん張る」という動作は、地面を蹴る方向に力を入れる事だと思います。


これですね・・・逆なんです。


力を入れて踏んばるのではなく・・・・


「膝の力を瞬時に抜く」事が大切です。


するとどうなるのかというと、いきなり重心が落ちます。


しかもある程度「下に加速度」がつきます。


落下するスピードを伴なっている数十kgの物体を、他の方向に投げとばすというのは至難の技になります。


60kgのバーベルを下に落下させている途中でバーを摑んで、そこからさらに上に持ち上げたり他方向に投げたりできますか?


無理ですよね(^^;


また、相手を投げ飛ばす時も同様です。


筋力で相手を振り回すのではなく、例えば背負い投げなどでは、いかにすばやく相手の懐にもぐりこむ事が勝負をきめます。


このときに「素早く膝の力を抜いて」身体を「下方向に加速」をつけます。


そして「自分の体重+加速」を伴った力を利用して相手を「下方向」に崩すのです。


その後は、そのまま下に投げるのか、崩したあと相手を腰にのせて跳ね上げるように投げるのかはケースバイケースになると思いますが(^^)


「少よく大を制す」「柔よく剛を制す」場合の基本的な考え方ですね(^^)


IMG_3928.jpg



しかも、何回か仕掛ける時に、最初の何回かはあえて「筋力」だけで技を仕掛け、ここ!!という時に、「膝抜き」をして一気に投げると技がかかりやすくなります。


この辺は柔道をやっている方なら誰でも分かる話でしょう(^^)


ではほかの組み技系の格闘技ではどんな例があるのかというと、「タックル」というものが有ります。


ラグビーやアメフトでも使いますね(^^)


相手の体幹部にコンタクトしたあと、どうするのか?です。


相手を「押す方向」にプレスをかける・・・のでは効率的では無いんです。


相手の体幹部に密着し、腕をまわしたらそのまま「下」に相手を押します。


正確には自分も勢い良く相手にぶつかっているので、「斜め下」に相手を押すという表現が正解だと思いますが・・・


こうすると、「自分の体重」+「勢い」+「重力」の総合的なパワーが相手にかかるので、とても強大なパワーが相手にかかります。


これを相手は床を踏ん張って自分の筋力だけで支えようとすれば簡単に倒されてしまうでしょう。


この場合相手は「タックルを切る」と表現しますが、「自分の力」だけで対抗するのではなく、相手を「上からつぶす」とか「手で相手の押す方向を変える」(この場合には上から押すとさらに効果的)ようにして対抗するのが基本です。


自分の力のことを「内力」と言います。


これに対して「重力」を代表とする自分の体の外からかかる力を「外力」と言います。


「内力」+「外力」を如何に上手に使えるか?が、色々なスポーツで勝つのには必須な条件になります。


(決して外力だけで勝てるとも思わないようにしましょう!! 「達人」と言われている人はここを勘違いしている人が多いです)


今日は分かりやい例でお話ししましたが、次回もこのテーマで、色々とお話ししたいとおもいます。


おたのしみに(^^)


今日の日記ブログはこちらから(^^)
おじさんトレーナーの悪戦苦闘の日々
自分の舌に自信がなくなります(^^;
posted by てっちゃん at 00:05| ジャンプ、スピード、アジリティ