2019年03月11日

糖質制限VSカロリー制限 どちらが勝つのか? 実際の研究事例をご紹介!!!

みなさんこんばんは!


毎週日曜日の夜は「ダイエット」をテーマにお届けいたしております。


今日は「糖質制限VSカロリー制限 実際の研究事例をご紹介」というテーマでお届けしたいと思います。


痩せたい!!・・・・と日々ダイエットに励んでいる方も多いと思います。


最近のダイエットの流れは完全に「糖質制限ダイエット」「低炭水化物ダイエット」に傾いていると言っても過言ではありません。


ライザップがこのダイエットを導入し、劇的な効果をたくさんの方に与えたことによって一気に世間に広まったダイエットと言えます。


ダイエットを気にしている方なら、特に細かいテクニックを知らなくても「夕ご飯の炭水化物を減らそう」「夜遅くに炭水化物は食べない」というくらいは今や誰でもやっていることだと思います。


一方、「ダイエット中は油物は取らない」という手法もあります。


これは、油物は栄養素の中で最も高カロリーなので、カロリーの高いものを制限することによって、摂取カロリー全般を減らそうという、いわば「低カロリーダイエット」です。


低炭水化物ダイエット、低糖質ダイエットの特徴は「とにかく炭水化物(糖質)を減らす」というダイエットです。


その為、このようにカロリーの高い油物の摂取に関しては特に制限を設けないのが特徴です。
(とっても過剰摂取はいけないと大抵の場合言われる)


それに対して、カロリー制限ダイエットは特に特定の栄養のカットにはこだわらず、全体目線でカロリーが少なければいいという考え方のダイエットになります。


ここまで書くと、こう思われる方も多いでしょう(^^)


・・・・色々わかったから、とりあえずどっちが痩せるの?・・・と(^^;


ここれですね、大規模な研究を行なった例があるんです。


この研究は結構有名で、複数の書籍で見かけたことがあります。


どのような研究なのかというと、322人を対象に2年間に渡って、


・低糖質ダイエット

・地中海ダイエット

・低脂質ダイエット


を行なって、どれくらい体重が落ちたのか?


そのあとどれくらいリバウンドしたのか?


の平均値を追っていった研究があるのです。
(俗称DIRECT研究と言われている)


この人数で、これだけの期間追跡調査出来た研究というのは結構貴重で、とても有名な研究です。


研究された年も2008年と比較的まだ新しい研究なので(研究って平気で1990年代とかそれ以上前のものが今も参考にされていることも珍しくない)、とても興味深いものになっています。


ズバリその結果はどうだったのかというと、「最もやせた」のは低炭水化物ダイエットでした。


そして、「最も短期間で痩せた」のも低炭水化物ダイエットの勝利!!


さらに「最もリバウンドの低いダイエット」も低炭水化物ダイエットだったのです。


んー・・・まさにダイエットの三冠王ですね(^^)


IMG_5512.jpeg



ちなみに、それでれのダイエットの内容ですが。低炭水化物ダイエットは「アトキンスダイエット」と言われるものを採用して、最初の2ヶ月は糖質を1日に20gに制限、3ヶ月目から120gを上限とするダイエットです。


しかしカロリー制限はしないというダイエットでした。


それに対して低脂質ダイエットは、カロリーを男性は1800kcal、女性は1500kcalに制限したダイエットを採用しました。


地中海ダイエットとは、地中海食(オリーブオイル、魚介類類)を中心とする食生活で、この場合も摂取カロリーを男性は1800kcal、女性は1500kcalに制限したダイエットを採用しています。


グラフでもわかるように低糖質ダイエットに関しての初期の減り方は凄まじく、4ヶ月で7kg近く減っています。


そしてこれが「平均値」であることが何より驚きです。


IMG_4403.jpg



2年経った頃には地中海ダイエットとそれほど変わらない減量幅に落ち着きますが、それでもマイナス5kgをキープできているところが何より素晴らしいです(もちろん平均値で)


よく「ライザップなんて結局リバウンドしちゃうんでしょ」という方結構見かけますが、僕はそのセリフをお客様から聞くたびに「いや、結構そうでもないんですよ」といっています。


これは何より「生活習慣が変わった」ことが大きいからです。


この結果は「カロリー制限が効果がない」のではなく、「結局、炭水化物を減らすことが最も摂取カロリー全体が少なくなりやすい」結果であると僕は思っています。


人は一日のカロリーの60%以上を炭水化物から得ているので、ここを減らすことが最も摂取カロリー全体に及ぼすインパクトが大きいのです。


もし自分の食生活で糖質をそれほどとっていないという方がいればこの研究結果は参考程度にとどめておく必要もあります。


あくまで「全体目線」と「効率」を色々天秤にかけて取り組むようにしましょう(^^)


もう一つ付け加えるのならば、男性はこの3種類のどれでもあまり効果は変わらなかったそうです。


逆に言えば女性に対してはいかに低炭水化物ダイエット(低糖質ダイエット)が、効果があるのかがうかがえる研究であるとも言えます。


まあ、女性は甘いもの好きな方多いですすしね(^^;


色々書きましたがよろしければご参考に(^^)


ではでは!!!
posted by てっちゃん at 00:00| ダイエット