2018年11月12日

ダイエットで筋肉がなくなったかどうかを調べる方法を教えます!!

皆さんこんばんは!


毎週日曜日はダイエットを、テーマにお届け致しております。


今日のテーマは「ダイエットで筋肉がなくなったかどうかを調べる方法」と言うテーマでお届けしたいと思います。


ダイエットと言うなまぬるいものではなく、何かの競技のために激しい減量をしているという方もいらっしゃるかもしれません。


最近流行のフィジークやフィットネスビキニの大会でも、激しい減量はつきものです。


また、筋トレユーチューバーの激しい減量の動画を見たことのある方もいらっしゃるかもしれません。


そして、こんなことを聞いたことがある方も多いと思います。


減量をすると筋肉も無くなる・・・・と・・・


IMG_5204.png


実際に僕のツイッターにもこの質問は非常に多いご質問です。


脂肪は落としたいのですが、筋肉も減っちやいますか?・・と・・


そういう時、僕は「そういう傾向にはあると思います」と答えています。


必ず減る・・・というわけでもないですし、ケースによっては、筋肉を増やしつつ、脂肪を減らしていくことも可能だと思います。


特に運動初心者においてはその傾向はあると感じています。


もともと運動をしていなかったのであれば、筋トレをすれば筋肉への刺激もかなりフレッシュですし、トータルの運動量も今までより増え、食事制限も同時にすれば脂肪も減りやすいと思います。


しかし、トレーニング上級者で、すでにたくさんの筋肉がついてる方ほど減量をすると、筋肉も減りやすい傾向にあるように思います。


そしてここで多くの方がこう思うと思います。


「体重はダイエットで確かに減ったんだけど、脂肪が落ちたのかな?それとも筋肉が落ちたのかな?」と・・・・・



これですね・・・・確かめる方法があるんです(^^)


ちょっと計算がめんどくさいかもしれませんが、それほどめんどくさくもないと思います。


これは除脂肪体重というものを計算すればいいのです。


除脂肪体重とは、脂肪を除いた体重のことです。


これをどう計算するのか?というと


脂肪の「量」(kg)を算出し、体重からその「量」(kg)を差し引いてあげればいいのです。



体脂肪の量なんてどうやって計算するの?と思われるかもですが、体脂肪率計があれば簡単に計算できます。


最近の体脂肪率計や、体組成計には、体脂肪率だけでなく除脂肪体重まで出るものもありますが、除脂肪体重が出るものであれば単純にその量で判断していいと思います。


体脂肪率しか出ないものでもご安心ください(^^)


体脂肪率しか出ないものであれば、体重に体脂肪率の数字をかけて100で割るだけで脂肪の量は出てきます。


例えば体重50kgの方がいたとしましたょう。


体脂肪率が22%だったら、50×22÷100です。


これで12.1と出ると思いますが、このかたの脂肪の量は12.1kgとなります、


体重50kgから12.1kgを引くと、37.9kgが、この方の除脂肪体重です。


この数値を普段からどこかにメモをしておいて、この数字が増えたのか減ったのか?で判断するのが最も手軽な目安となると思います。


この出し方だと、正確には骨格筋という、みなさんが想像する「筋肉」だけを純粋に出しているわけではありません。


骨や、水分、内臓の重量も当然入ってきてしまいます。


しかし、水分の最も大きな貯蔵タンクは筋肉です。


また、それ以外の重量に関しても仮に筋肉が減った場合でも、それほど大きな重量変化はないと考えられます。


なので一般的にはこの方法が最も自宅で、簡単に自分の筋肉のついた減ったを判断していい材料になるでしょう。


これは何もダイエットだけでなく筋トレで筋肉が本当についたかどうかを判断するときにも使えたりします(^^)


「俺の筋肉増えたのか?減ったのか?」がめちゃくちゃ気になる・・・・


そんな方はよろしければご参考にしてください(^^)



ではでは!

posted by てっちゃん at 00:04| ダイエット