2019年05月30日

フリーウェィトはマシントレーニングより「上」なのか?について!

皆さんこんばんは!!


毎週水曜日は、皆様とのやり取りを詳しく説明する日となっております。


今日ご紹介するのは、このようなやり取りです。


Q
おつかれさまです!

いつも記事読んで勉強させてもらってます!

質問なのですが、ベンチやダンベルフライ等やってもあまり筋肥大を実感できなかったのですが、マシンを使ってやってみたら効果を実感できました。

これはやはり体が慣れてきてたてことでしょうか?


A
「慣れ」は確かにあると思います(^^)


というものでした。


これはですね・・・短いやり取りでしたが、とてもいいご質問というか、結構深いな!と思い取り上げさせていただきました。


まず、僕がこのブログの中やYouTubeの中でも割とよくいうことに「慣れによるオーバートレーニング」というものがあります。


これはどんなトレーニングであっても、それをやり続けると身体がその刺激に慣れきってしまい、トレーニング効果が出なくなってしまう事を言います。


この事自体は、まあそういう経験がある方も多いと思います。


問題は「ベンチやダンベルフライ等やってもあまり筋肥大を実感できなかったのですが、マシンを使ってやってみたら効果を実感できた」という点です。


ここ・・・いやあ、深いですねえ(^^)


フィットネスクラブに通われる場合ですが、一般の方は、その多くがマシントレーニングからスタートする方がほとんどです。


これは、フリーウェィトトレーニングに比べて安全にトレーニングが出来るからです。


しかし、そのマシントレーニングに慣れてきて「もう少し本格的に身体を作りたい」とか、「ちよっと本格的なトレーニングをしたい」という方は、その後「フリーウェイトトレーニグ」に進む方が少なくありません。


また、特に昨今、ゴールドジムのような本格的なフリーウェィト施設を備えているジムも増えたり、フィジークの大会が有名になったり、筋トレユーチューバーがてできたり、とフリーウェィト環境を巡る様相は、この10年くらいで大きく変わったように感じています。


中には筋トレ女子のように、「いきなりフリーウェィト」という女性トレーニーも珍しくは無くなりました。


IMG_4892.jpg



こういうことはとても良いことだと思います(^^)


しかし、ここで1点お話ししたいことがあります。


それは、このようなフリーウェィトトレーニングを常にやっている方の中には


フリーウエィトトレーニングの方がマシントレーニングより上


という風潮がどうしてもあるように思います。


実際僕も、マシントレーニングとフリーウェィトトレーニングでは、筋肉を大きくしたり、使用重量を伸ばすには、フリーウェィトトレーニングをお勧めすることが多いです。


ただ、フリーウェィトトレーニングでも、長い間同じようにトレーニングしてしまうと、前述した「慣れによるオーバートレーニング」の状態に陥ってしまい、なかなか伸びなくなってしまう・・・


というケースもあるのです。


こういう場合の筋肉への刺激の変え方は色々な手法があります。


その中に「あえてマシントレーニング重視の期間」を設けてあげることも、時によっては非常に有効な手段になります。


マシントレーニングは、ウェィトの軌道が固定されているため、バーベルやダンベルのようにウェィトを安定させるために働かせる筋肉の介入がいらなくなります。


これはある意味で「筋肉への刺激が弱くなる」事を意味します。


しかし、反面、ごく限られた方向に特化して、フリーウェィトでは扱えない重量を扱うことが可能でもあるわけです。


その特性を生かして、トレーニングをしたり、マシンでしかできない負荷の与え方をして筋肉に新鮮な刺激を与えることもできます。


特に最近はハンマーストレングスのような、本格的なウェィトトレーニングに対応できるようなヘビーデューティーなマシンも多数あります。


IMG_5609.png


確かにフリーウェィトトレーニングは基本であり、このトレーニングをトレーニングの中心に置くことは筋肉を大きくしていきたいという点では動かしようがありません。


ただし、考え方を柔軟に持って、効果的にマシントレーニングを導入することもとても意義のあることです。


もしフリーウェィトとマシンの両方を使える環境にある方は、多様なトレーニングを用いて筋肉に常に新鮮な刺激を与えるようにしてください(^^)


色々書きましたがよろしければご参考に(^^)


ではでは!!
posted by てっちゃん at 00:01| ガチ筋トレ