2018年11月11日

ナローグリップベンチプレス ・インクラインベンチプレスを解説してみた!!

みなさんこんばんは!


毎週土曜日は筋トレをテーマにお届けいたしております。


今日は「ナローグリップベンチプレス ・インクラインベンチプレス 」と言うテーマでお届けしたいと思います。


ナローグリップってご存知でしょうか?


これは、「狭いグリップ」のことを指します。


つまり、ナローグリップベンチプレス とは、グリップ幅の狭いベンチプレス だと思っていただいてOKです。


IMG_5250.png


このトレーニングが、普通のベンチブレスと何が違うのか?ですが・・


一般的にベンチブレスの場合、手幅と効く場所は相関があるように言われています。


例えば、グリップを広く持つと、胸の筋肉でも主に外側に効くと言われています。


したがって、狭いグリップでベンチブレスをした場合、胸の筋肉の内側に効くと言われています。


ちなみにインクラインベンチプレス という、斜めに傾斜したベンチ台でベンチブレスを行う種目があります。


このインクラインベンチプレス は、胸の上の部分を鍛える種目です。


これを狭いグリップで行う場合は、胸の上部のさらに内側を鍛えるという、非常にマニアックな鍛え方になってきます(^^;


IMG_5251.png



ただ、ちょっと考えていただければわかると思いますが、胸の筋肉というのは、割と外側は付きやすいのですが、内側・・・・さらにそのまま上の部分に行くと筋肉ってなかなか付いていないですよね(^^;


なのでここを答えるということは、胸の筋肉を満遍なく鍛えていくには結構大事だったりします。


ただ、ここで一点気がついた方もいるかもしれませんが・・・


それは、胸の内側を鍛えると「言われている」と表現している点です。


インクラインベンチブレスはしっかりと「胸の上を鍛える」と断言しているのにです。


これですね・・・物理的にしっかりと確認が取れているかというと、ちょっと微妙なんです。


僕は筋肉をよく「ゴム」に例えています。


胸の筋肉は、収束状の筋肉です。


これは、肩を中心に何百本もの輪ゴムが放射状に伸びているイメージです。


うでを押す方向によって、その何百本の輪ゴムのうち、胸の上部のゴムを特に使ったり、胸の中央部分のゴムを特に使ったりするのはわかるのですが・・・


ちよっと考えてみてください。


1本の伸びた輪ゴムの「内側だけ」とか「外側だけ」って、収縮させられるでしょうか?


そう、これできないんです(^^;


ただ、僕の指導経験や、自分のトレーニングをしていての所感でも、ナローグリップでベンチブレスやインクラインベンチブレスをしていると確かに通常よりも胸の内側の収縮している感じを得られます。


これは腕の「角度」によるところが大きいと思います。


例えば普通のベンチプレス では、バーベルを上げきったところでも腕はやや外側を向いたところでストップしています。


これが、ナローグリップにすると、腕は、通常のベンチプレス よりもさらに内側・・


つまり身体の真正面まで閉じることになり、そこまで筋肉に刺激が入り続けることになります。


ベンチブレスの場合、胸の筋肉が収縮すればするほど腕は真正面に来ますので、いわばナローグリップのベンチプレス は通常のベンチプレス より、筋肉が収縮した状態からさらにもうひと収縮させる所まで負荷がかかるようなトレーニングになります。


すると、普段収縮感をあまり感じない胸の内側の筋肉にまで収縮している感覚を得られるので、胸の内側が効いている・・・・となるのです。


さら、筋肉は何百万本もの繊維が集まったものであり、胸の筋肉も肩口から胸の中央付着部分まで、一本づつ長い繊維で構成されているのではなく、その間にも幾重にも繊維があるものです。


なので、その幾重にも重なっている部分のうち一定区間だけより強く刺激が入るという説もあります。


ただ、これちょっと先ほども言ったようにまだ決定的に確立連れている文献を僕は見たことがないので、「一般的に言われている」という表現を使わせてもらっています(^^;


また、ナローグリップのベンチブレスってなかなかやっている方も少ないように思います。


これは、ナローグリップベンチブレスは、胸というより上腕三頭筋のトレーニングとして位置づけられることもあるからです。


僕は、胸の内側を鍛えたいというリクエストをもらった時以外にも、肩を痛めてしまったけれど、ベンチプレス の重さを極力落としたくないと言われた時に、よくこのナローグリップのベンチブレスを行うことをお客様に進めたりします。


普段あまり行われることの少ない種目かもしれませんが、胸の内側にまでしっかりと鍛えていきたいという方にはとてもおすすめなエクササイズだと思います。


色々書きましたがよろしければご参考にしてください(^^)


ではでは!
posted by てっちゃん at 00:01| ガチ筋トレ