2018年06月23日

腰の側面から脇腹の違和感

みなさんこんばんは!!


毎週金曜日は「歪み」をテーマにお届けいたしております。


今日は「腰の側面から脇腹の違和感」というテーマでお届けしたいと思います。


どうも腰の横がおかしい・・・違和感がある・・・


という方がいらっしやいましたら、これは、腸骨下腹神経というものが、周りの筋肉によって「絞扼」されていることが原因かもしれません。


ここ何回かご紹介していますが、「絞扼」とは周りの筋肉が硬くなって、神経を押して痺れが出ている状態だと思ってください。


長時間正座すると、足が痺れるのと全く同じ理屈です(^^;


腰の横から脇腹にかけては、腰神経叢というところから分岐している「腸骨下腹神経」というものがあります。


この神経は、腰から出て「腹横筋」「外腹斜筋」「内腹斜筋」という、体幹トレーニングをしている方なら聞き慣れたことのある、脇腹の体幹系の筋肉を支配している神経です。


また、鼠蹊部から、臀部外側の感覚を伝達する役割も果たします。


IMG_4878.jpg



この神経が押されやすいポイントは「外腹斜筋」と「内腹斜筋」との間です。



IMG_4879.jpg



原因としては、腰の過剰な回旋運動が、腹斜筋の硬直を起こし、神経を圧迫することが考えられます。


野球やゴルフなどで、一つの方向に過剰に回旋運動を繰り返す方は、このような状態になりやすいかもしれません。


したがって、この周辺の筋肉を柔らかくすることが、脇腹の神経の絞扼を改善するポイントです。


対策として代表的なのはストレッチです(^^)


まず、椅子に座っていただきます。


そのまま上半身をひねって腰をストレッチします。


椅子に座るのは、「骨盤を固定」させるためです。


こう言う「ひねる系」のストレッチは、上半身だけひねっても、骨盤がそれと同時に一緒に回ってしまってはいけません(^^;


それだとただ「横を向いているだけ」となってしまい、肝心の腰が伸びないからです(^^;


なので椅子は回転式のものではなく、固定式のものでストレッチするようにしましょう(^^)


呼吸を止めずに、10秒ほどを3セット実施するようにしてみてください。



IMG_4880.jpg




さらに、脇腹をストレッチすることも大事です。


足を横に伸ばして座り、もう片方の足を折りたたみます。


そのまま、伸ばしている足の方に体を倒していきます。


このときに、伸ばしている足と逆の腕を頭の上にあげてストレッチすることが大切です。


こうしないと肝心の脇腹の筋肉の伸びが十分では無くなってしまうからです。


IMG_4881.jpg



この写真では、伸ばしている側の腕は、伸ばしている足に添えていますが、個人的には、「折り畳んでいる足の膝頭」を持っていただくと、より体側が伸ばされてお勧めになります。


これも 10秒を3セット行うようにしてみましょう。


硬い方でけだなくできれば両ストレッチとも左右両方実施してみてください。


また、最後に、栄養面からのサポートですが、これまで色々絞扼をご紹介してきましたが、絞扼になゆ増されている方は、ビタミン12という栄養素の摂取ゃがお勧めとなります。


神経痛の診断を受けた医療機関でもビタミン12はよく処方されるそうです。


食材で言えば、シジミやアサリによく含まれています。


身体の各所が痺れているという方は是非摂取していだいて、食材でなければマルチビタミンなどのサプリで止めこともいいでしょう。


身体の各所が痺れている・・・という方は、よろしければご参考にしてください(^^)



ではでは!!
posted by てっちゃん at 00:00| ゆがみ