2019年03月02日

呼吸の弱りと肩甲骨の「ずれ」について

みなさんこんばんは!


毎週金曜日は「歪み」をテーマにお届けいたしております(^^)


今日は「呼吸の弱りと肩甲骨のずれについて」というテーマでお届けしたいと思います。


私たちは常日頃から「呼吸」をして生きています。


普段はほとんど意識をすることはないと思いますが、もちろん寝ている時も何をしている時も24時間体制、年中無休で呼吸をしています。


呼吸はもちろん筋肉を収縮して行われる「動作」の一つです。


したがって、呼吸にまつわる筋肉は、普段何もしていないと当然弱くなっていきます。


筋トレをサボると筋肉が衰えていくように、普段椅子に座ったままで、特に息が切れるような運動もしていないということであれば、呼吸に携わる筋肉は徐々に弱っていきます。


いやいや、たかが呼吸くらいの負荷で、筋肉なんてそう弱らないでしょう・・・・


なんて思われる方もいるかもしれませんが、たかが「歩く」という作業でも、例えば10日間くらい寝たきりの生活をしていたら、その後歩こうとしても、かなりしんどい!!!なんてことはよくあります。


昔は宇宙飛行士がわずかな期間の間宇宙に行っていただけで、筋肉が衰えて、地球の重力に対して対応できず、地球に帰還しても立ち上がれない、歩けないなんていう光景はよく見られたものです。
(最近は宇宙空間でトレーニングするためこう行ったことは起きていませんが・・・)


人間の筋肉はそれくらい短い期間でも動かしていなければ簡単に衰えてしまいます。


そして呼吸器が衰えると、それは姿勢に如実に現れるものです。


代表選手は「猫背」です。


猫背と一口に言っても実かく見ていくと、その形態というのは実に様々です。


背中が単純に丸まっているだけ・・・・ではないのです。


今日は、呼吸の弱化に伴う猫背において、肩甲骨がどうずれていくのか?についてのパターンをいくつかご紹介していきたいと思います。


IMG_3915.jpg



まず、猫背において、肩甲骨がどうずれるのか?ですが、一般的にみなさんが最も想像しやすいのは「肩甲骨同士が広がる」ことでしょう。


これを肩甲骨の「外転」と言います。


この原因は様々ですが、呼吸器が弱くなったことにより、横隔膜を動かす筋肉の弱化、および肋骨の間にある各筋肉が縮んだ状態が長くなり、それらの筋肉が固まってしまって引き起こされていたりします。


ただ、この外転はそれ以外でも色々な要因で引き起こされることがあります。


骨盤が後傾しているだけでもこの外転は引き起こされるものなのです。


もう一つ起こる事に「肩甲骨の下の部分が斜め上に引き上がってしまう」という現象があります。


これを肩甲骨の「上方回旋」と言います。


そんなことが起こるのか?と言われるかもですが、結構これもあるあるだったりします。


呼吸器の弱化により、肋骨は丸まる傾向になります。


これに伴って先ほどの外転のように肩甲骨が外側に広がるイメージはつきやすいと思いまが、この時に、丸まった肋骨に対して、肩甲骨を引き上げようとする働きが生じる方もいるのです。


すると、外から見ると肩をすくませているような形になります。


これが「肩甲骨の上方回旋」でよく見られる姿勢です。


IMG_5482.jpg



こうなると肩の筋肉は常に緊張状態を強いられるので、ひどい肩こりを誘発しやすくなります。


最後に紹介するのは、「片方だけ浮き上がる」現象です。


先ほどの上方回旋が、片方だけ起こっているイメージで捉えるとわかりやすいです。


IMG_5484.jpg


僕もアラインボードというボードを使って「歪み改善パーソナル」というパーソナルトレーニングサービスを実施していますが、このパターンの方の方が、先ほどの両方の肩甲骨が上方回旋している方より多くいるイメージがあります。


この両方のパターンの方を見分けるのは割と簡単にチェックできます。


「普通に何も考えないで立ってください」と言って立ってもらい、その方を正面から見ます。


この時に手の甲が正面から見てどれくらい見えるか?がポイントです。


手の甲が正面から見て両方とも盛大に見えていれば両方の肩甲骨が上方回旋をしていて、片方だけ見えているようであればそちらが上方回旋しています。


手の甲が片方だけ見えている方を見ると、そちらの肩が、正面から見て高くなっている確率がとても高いです。


これらどのパターンでも肩甲骨から肩周りの筋肉が硬くなっているので、ポールストレッチなどでほぐしてあげることが大切です。





呼吸器の弱化に伴う身体の歪みはまだ色々とありますので今後もちよっとご紹介したいきたいと思います。


色々書きましたが、よろしければおたのしみに(^^)


ではでは!!!
posted by てっちゃん at 00:22| 日記