2019年09月14日

「ジャンパー膝」について!!!

みなさんこんばんは


毎週金曜日は「身体の歪み」をテーマにお届けいたしております。


「ジャンパー膝」をテーマにお届けしたいと思います。


バレーボールをやっている方や、バスケットボールをしている方によく見られるこのジャンパー膝ですが、たまに僕のツイッターにもジャンパー膝になってしまったのですが、どうすればいいですか?というご質問をいただくことがあります。


まず、この「ジャンパー膝」とはどういう疾患なのか?です。


これですね・・・・驚くべきことに、いまだに実は原因がわかっていないそうなんです。


以前は、膝蓋腱といって、膝の前にある「腱」が使いすぎによって炎症を起こしていると考えられていました。


しかし、最近では、ジャンパー膝の患者さんの膝を調べても、炎症の状態は見られないというのが定説になってきています。


そして、いまだ詳しい原因はわかっていないものの、どうやら、その「膝蓋腱」が「変性」しているようだということが考えられています。


もちろん発生の原因は「オーバーユース」・・・つまり「使いすぎ」であることには間違いありません。


しかし、使いすぎたことによってどういう状態で痛みがてでいるのか?がわかっていないのです。


腱の変性は、腱の線維束と線維に4〜8%のひずみが繰り返し加えられることによって生じています。


そのような条件下に置かれた腱は、それ以上の張力に耐えられず、結果として腱の障害が発生してしまいます。


そして、このジャンパー膝ですが、発生数には明らかに男女差があります。


これはもう圧倒的に男性の方が発生数は格段に多いのが現状です。


原因としては、体重・筋力が女性よりも重く、強いので、膝にかかる負荷がどうしても男性の方が強いことが原因となっています。


そしてその差は、ハレーボール選手に至ってはなんと2倍以上ともされています。


IMG_3744.JPG


まず、ジャンパー膝に限らず、オーバーユース症候群の疾患にかかってしまったら、まずは「安静」が基本になります。


この安静が、なかなかできないというか、「ストレッチや筋トレで早く治るんじゃね?」と思ってしまう方が多いのも事実です。


オーバーユース症候群に関しては「トレーニングすれば治る」なんてことはありませんので十分に注意してください。


むしろ逆に、治るのが遅くなると覚悟した方が良いでしょう。


リハビリもあくまで「元の筋力やパフォーマンスに戻す」ためのものであって「怪我を早く治す」ものではありません。


では、このジャンパー膝ですが、普段から気を使って「予防」をすることは可能とされています。


それは


・フライホイールを用いたレジスタンストレーニング

・全身振動

・EMS



が、腱の構造を改善し、下肢の筋力レベルを向上させることが明らかになっています。


さらに、これらのエクササイズを一つのトレーニングプログラムに組み込むことによって、トレーニングに対する有益な腱の適応を引き起こします。


これは、オーバーユースによる疾患に対して潜在的予防効果を期待できるのです。


次回から、この厄介なジャンパー膝に対する予防エクササイズを色々とご紹介していきたいと思います


よろしければおたのしみにしてください(^^)


ではでは!!
posted by てっちゃん at 00:12| ゆがみ