2019年09月11日

痛みの震源地トリガーポイントに対するケア 大腿四頭筋編

みなさんこんばんは!


毎週火曜日は「肩こり・腰痛」をテーマにお届けいたしております。


今日は、痛みの震源地トリガーポイントに対するケア 大腿四頭筋編というテーマでお届けしたいと思います。


大腿四頭筋・・・・・流石にこの筋肉の名前をご存知の方は多いと思います。


そう、太ももの前にある大きな筋肉が大腿四頭筋です!!


膝を伸ばすときに使う筋肉で、蹴ったりする動作の主動筋になる筋肉です。



もちろん立っているときにも使われる筋肉であります。


この筋肉は「四頭筋」という名前の通り、四つの筋肉に分類することができます。


・大腿直筋

・外側広筋

・内側広筋

・中間広筋

の四つです。


ひとつひとつそれなりに大きい筋肉です。


また、働きとしては、膝を伸ばすだけでなく、大腿直筋などは骨盤の安定にも寄与している筋肉です。


この筋肉が硬くなると、骨盤を前に引っ張ってしまい、反り腰を誘発します。


逆に弱くなると、骨盤の前側が上がってしまい、お尻が落ちた骨盤後傾の姿勢になってしまいます。


非常に身体の動きや姿勢に影響を及ぼす筋肉ですが、故に普段から酷使されやすい筋肉であるとも言えます。


そのためここにも実はトリガーポイントができやすいとも言えるのです。


では大腿四頭筋のどこにトリガーポイントができるのか?ですが、これは大腿四頭筋の両端付け根部分にトリガーポイントができやすいです。


IMG_5862.jpeg


次に、ここにドリガーポイントができるとどこに痛みが出るのか?です。


IMG_5863.jpeg


通常トリガーポイントと痛みが出るところは違いが出るものなのですが、大腿四頭筋にトリガーポイントができた場合、ズバリそのまま、太もも周辺に痛みが広がりやすいという特徴があります。


これは前部分に限らず、横部分にも出やすいです。


対処としては、ストレッチが基本になります。


まずは横向きに寝ていただきます。


そのまま上側の足の膝を曲げて足首を手で持ちます。


そのまま持った足首をお尻の方引き寄せます。


この時のポイントは膝頭のポジションです。


膝頭が前に出てしまうと、いくら足首をお尻に引っ張っても今ひとつ大腿四頭筋は伸びません。


それよりも膝頭を身体の後ろの方に持ってくるようにしながらこの動作を行うようにしましょう!!


5秒から10秒キープで数セット行うようにします。


IMG_5864.jpeg



何十年も身体を動かしていないという方は、まずこのストレッチから行うようにしましょう。


そして、このストレッチで身体が慣れてきたな・・・と思ったら、次は長座で座った状態で行います。


足を伸ばして座り、片方の足を曲げて、両手は後ろに回します。


そのまま上半身を後ろに倒して、大腿四頭筋を伸ばすようにしましょう。


大人になってから最も苦手となるストレッチの一つと言えます。


最初は腕でできるだけコントロールしながら、いきなり上半身がバタンと倒れないように気をつけましょう!!!


マッサージは、椅子に座っていただく姿勢で行います。


このまま、太ももの付け根を親指で上から押していただきます。


できれば指のお腹をずらしながら、ある程度広範囲を押してあげるようにしてください!!!


これも数秒押して、緩めてを数セット繰り返すようにしましょう!!


IMG_5865.jpeg



色々書きましたが太もも周辺に痛みが出る方はよろしければご参考にしてください!


ではでは!!!
posted by てっちゃん at 00:01| 腰痛