2019年06月13日

水泳に必要なのは「筋肥大」「筋力」? それとも・・・について(^^)

皆さんこんばんは!!


毎週水曜日は、皆様とのやり取りを詳しく説明する日となっております。


今日のやり取りはまず僕のこのブログ記事に対しての質問からです


「ベンチプレスのマックスが伸び悩んでいるんですけどどうすればいいですか?」について


Q
水泳ですと、「筋肥大」「筋力」は、どちらに当てはまりますか?

A
ご質問の意味が今ひとつわかりません・・(^^;

水泳に必要なのは「筋肥大」「筋力」?

それとも水泳で鍛えられる能力は「筋肥大」「筋力」?

など色々な意味で捉えることができるので・・・


Q
ご質問に対しての言葉足らずで、申し訳ありませんm(_ _)m

水泳に必要なのは「筋肥大」「筋力」ですm(_ _)m


A
水泳に一番必要なのは、「技術」そして「最大酸素摂取量」です。

そして酸素摂取量を増やすためには、「筋肥大を狙うトレーニング」の方が「筋力」を狙うトレーニングより適しています。


というやり取りでした。


各スポーツ別で必要な能力というは微妙に異なってくるものです。


筋力・筋持久力・心肺持久力・・・・


今回は水泳についてのご質問ですが、水泳においてももちろんフィジカルが重要である事は言うまでもありません。


ただ、水泳に限って言うと、ちょっと特殊であるとも言えます。


質疑応答にも書きましたが、水泳においてはまず「技術」が最も大切であると言えると思います。


かなり昔の話ですが、水泳の平泳ぎで金メダルを取った岩崎恭子選手は当時14歳!!


フィジカルの面では他の外国人選手と比べても、完全に見劣りしていたはずです。


しかし、泳がせると速い!!


これは割と「水泳あるある」で、陸上の競技をやらせるとからきしで、筋力も全くない子が、水の中に入った途端に、まるで魚のように泳ぐと言う事はよくある話なんです。


中にはちょっとぽっちゃりさんで、陸上では何もできなくても水に入るとめっちゃ速く泳ぐような子は平気で「トド」とか「アザラシ」なんて言うあだ名をつけられる事が、体育系の学校ではよくあります(^^;


これは、水泳においてはフィジカル能力よりも、圧倒的に技術の方が大切である事がわかる事例だと思います。


僕もうちのクラブで、オリンビック選手だった、200mバタフライの星奈津美選手を小学生の頃から見ていましたが、彼女も決してフィジカルが強いと言う感じではありませんでした。


グループでマシントレーニングを教えたこともありましたが、決して力が強いと言う感じではなく、むしろ集団の中では目立たない子でした。


しかし、泳がせるとめちゃくちゃに速い!!


水泳において最も大切なのは「技術である」と言う事は間違いありません!!!


次に必要なのは「酸素摂取能力」です。


これは、水泳が有酸素運動である以上、この能力が高ければ高いほど、発揮できるバフォーマンスは高くなります。


そしてこれは持久的な要素にかなり依存します。


そのため、質問にあった「筋力」と「筋肥大」のどちらか?と言う異であれば、筋肥大系のトレーニングの方が、筋力系のトレーニングより、回数やセット数、さらに種目数が多くなる傾向にあります。


つまり、筋肥大のトレーニングの方が、持久的な要素が強いので、水泳にはこちらの方が向いていると答えさせていただきました。


また、水泳は「水」と言う、どこか不安定な物質を相手にするスポーツです。


IMG_4620.jpg



そのため、一つの方向に高い出力を短い時間で発揮する「筋力」よりは、色々な種目で色々な方向に多彩に力を発揮させるような「筋肥大系」トレーニングの方がやはり向いているでしょう。


各スポーツによって、力の発揮の仕方は様々です。


ぜひそのスポーツにあった力の発揮の仕方に合わせたトレーニングを普段から行うように心がけましょう!!


色々書きましたがよろしければご参考に(^^)


ではでは!!
posted by てっちゃん at 00:07| ジャンプ、スピード、アジリティ