2019年06月06日

初動負荷マシンと「しなやか」な筋肉について!!

みなさんこんばんは


毎週水曜日はみなさまとのやりとりをご紹介している日となっております。


今日ご紹介するのは以下のようなやりとりです。


今日は僕のYouTubeチャンネルからのお問い合わせについてです。


Q
イチロー選手が実践していた初動負荷トレーニングはしなやかな筋肉をつくることができると動画で見ましたがそれは本当なんですか??


A
筋肉の繊維を見ていっても、「しなやか」な筋肉と「普通の筋肉」の違いなどはありません。あくまで「使い方」の問題だと思われます。

というものです。


んー・・・初動負荷!!


ひさひざに書きますね(^^;


このトレーニングの先駆者といえば、何をおいてもイチロー選手でしょう!!


IMG_5691.png


家にまでこのマシンのセットを取り揃えて、この初動負荷トレーニングに心酔しきっています。


その謳い文句としては、普通のトレーニングは終動負荷となっていて、こういう一般のトレーニングで作られる筋肉は「硬い」筋肉だそうです


初動負荷は、動きの最初に負荷を入れる特殊なトレーニングで、このトレーニングで出来上がる筋肉はスポーツで役立つ「しなやかな筋肉」であると・・・・


これに対しての僕の所感ですが・・・・


まあ・・・・物は言い様ですけど・・・・というのが僕の正直な感想です。


僕は以前初動負荷理論の本をさっと読んだことがあります。


そして、その本の感想は・・・・「よくわからなかった」です(^^;


効果に関しては色々とアピールしてあるのですが、そもそもなんで「しなやかな筋肉ができるのか?」というメカニズム的な部分が見当たらなかったからです。


まあ、しかし・・・それもそのはずだよね・・・と僕は個人的に思っています。


なぜならそもそもの話「しなやかな筋肉って何?」という話です。


質疑応答にも書きましたが、筋肉はその中身を解剖していくと、実は男性女性の性別差や、若い人の筋肉とシニア層の筋肉の差というのが、実は驚くほど少ないのです。


つまり、筋肉というのは、男性の筋肉も、女性の筋肉も、若い人の筋肉も、シニアの人の筋肉も、発揮できる筋力やその収縮スピードというのはほぼ同じなのです。


いやいや、でもパワーが違ければ、スピードも全然違うじゃん!!


と思われると思いますが、それは「その他の要因」が原因であるのです。


筋肉の中身は同じでも太さが違ったり、腱の弾性パワーが違ったり、反射の能力が違ったり、それらを神経系が違ったりと、筋肉の発揮するパワーやスピードには色々な要素が加わります。


次に「しなやか」と言うものすごくアバウトな表現が問題です(^^;


しなやかって・・・・何を持ってしなやかとするのでしょうか?


個人的な考えですが、「しなやか」と言うのは、「動き」がしなやかに動けることを言うと思います。


そう・・・「動き」なんです。


それに対して「筋肉の動き」とは、これはシンプルに筋肉が収縮して、筋肉の両端である「起始」と「停止」が近づくことを言います。


アームカールなどで、上腕二頭筋の両端が近づいて、前腕の骨を、上腕の方向に肘の関節を中心に近づけさせる様を想像すればわかると思います。


この筋肉の動きに「しなやか」の要素が入る・・・・なんてことはありません(^^;


「しなやか」とは、複数の筋肉を「連動して動かして」初めて、そのしなやかな「動き」が表現できるものです。


そして、その動きを作るのは「脳」の仕事です。


脳が複数の筋肉に複雑な指令を出して「しなやかな動き」が達成されるものなのです。


ではこれをマシンで会得できるものなのか?です。


初動負荷のマシンは、その名の通り動きの初期に負荷がかかるようにできているのでしょう
(僕初動負荷のマシンを触ったことがないので、あくまで想像です)


そして、イチロー選手の初動負荷マシンを見ていると、何やら普通のマシンと違うのは、グリップや足を置くフットボードが「回転」 するようにできています。


イチロー選手はそれらを回転させながら、マシントレーニングをしています。


この動きの初期に負荷がかかってあとは抜けるようにできていて、動作の初期に強く出力するようなトレーニングをしていくと・・・・


んー・・・・しなやか?


まあ、何となく「雰囲気」はわかりますが・・・・(^^;


でも動作の初期に爆発的に「バネ」のように動きたかったら、この動作でプライオメトリックトレーニングをしてもらった方が実践的だと思うんですよねえ(^^;


上半身であればメディスンボール使うとか・・・


ただ、背中とかはプライオメトリックトレーニングの種目はほとんどないので、「あり」と言えば「あり」なのかもしれません。


またイチロー選手のマシントレーニングを見ていると、足を高くあげた状態でさらに足を捻ってマシンを押すような動作も見られます。


IMG_5692.png


つまり、やはり「普通のトレーニングでは鍛えられないような筋肉の動き」をトレーニングしていることには間違いないようです。


ただ、それが「しなやかな筋肉を作るのか?」と言われれば、個人的な意見ですが、「それは違う」と思います。


筋肉自体は「しなやか」な筋肉も「固い筋肉」も構造的に存在し得ないからです。


いつか初動負荷のマシンは触って見たいと思うのですが、おそらくは僕の想像からそう離れたところにはないように思います。


いろいろ書きましたが、初動負荷のマシンにご興味のある方は、よろしければご参考にしてください。


ではでは!!!
posted by てっちゃん at 00:02| ジャンプ、スピード、アジリティ