2019年04月21日

野上がついに天下のTarzanに喧嘩を売る? 腕立て伏せの腕(指先)の角度について

みなさんこんばんは!


毎週土曜日は筋トレをテーマにお届けいたしております。


今日は、ちょっと個人的な考えという前置きをして、お話ししたいと思います。


今日のテーマは「腕立て伏せの腕(指先)の角度について」というテーマでお届けしたいと思います。


腕立て伏せ・・・・やったことのある方がほとんどだと思います。


器具がない場合、自宅で簡単に、誰でもできる腕立て伏せですが、よく見ると、そのフォームって人によってまちまちだったりします。


特に顕著なのが、「手の角度」です。


まあ、これは「指先の角度」といっても差し支えないと思います。


そしてこれはもう一つ「腕の幅」との関係も出てきます。


僕が、一般のお客様にオススメしているのは、


・手の幅は肩幅よりやや広く、

・指先は、頭の方に向けて行う方法


です。


なぜかというと、この角度が一番、マシンで言えばチャストプレス、フリーウェイとで言えば、ベンチプレス のフォームに近いからです。


チェストプレスもベンチプレス も、手はバーに向かって垂直に順手で握ります。


つまり、そのまま手を開くと指先は頭の方へ向きますよね?(^^)


手の幅もグリップ幅は肩幅よりやや広く握るのが普通です。


この方法が、いざ、他のトレーニングにステップアップしようとした時に最もスムーズに移行しやすいので、このフォームを勧めています。


ただ、指先を上に向けて「手の幅を狭く」してしまうと脇がしまった腕立て伏せになってしまいます。


このフォームは胸の筋肉より上腕三頭筋に効かせるフォームになります。


なので、「手の幅」はやや広めにして、「肘を横に張り出すように」して身体を下ろしていかないと、より大きな筋肉である胸の筋肉に効かなくなってしまいます。


ベンチプレス でもグリップ幅が狭くなると自然と脇がしまったフォームとなり、こういったナローグリップベンチプレス は胸より上腕三頭筋に効かす種目となっています。


そして、ここからが今日のポイントなのですが、Tarzanという雑誌があります。


このブログでも、その記事内容をかなり参考にさせてもらって描かせていただいている事もある、この業界では知らない人がいないくらい有名なフィットネス情報専門雑誌です。


そのTarzanで紹介されている腕立て伏せでは、「指先を「外」に向けて行う方法」を勧めている時があります。


理由としては、「手首に優しい」という点が挙げられています


スクリーンショット 2019-04-21 0.02.19.png



・・・・が・・・・


正直、これにはちょっと賛同しかねない部分があり、今日この記事を書いている次第です。


手首を痛める根拠として、手首の背屈(手首が甲側に折れる角度)は70度ほどであり、特に指先を「内側」に向けた腕立て伏せは、手首がこれ以上の角度になりやすく、手首を痛めやすい・・だそうです。


指を内側に入れると肘が外側に張り出しやすく、胸に効きやすいものの手首の安全性を考えて、指先は外に向けよう・・・というものです。


でも、これですね・・・ちょっと乱暴な意見だと思います。


「手首の背屈の角度」に関しては、「指先の向いている角度」よりも、「掌」と「前腕」の角度によるところが大きいのです。


手首は「掌」と「前腕」の間にあるわけで、前腕の角度が深くなり70度以上の負荷がかかれば、指先がどの方向を向いていても手首には負荷がかかると言えます。


であれば、胸への刺激を考えても、肘が外側に張り出しやすい指の角度に指先は向け、手首への負担は「前腕の角度」・・・さらにいうとこれは「手幅」で調整するべきなのです。


そうでなければ、胸への刺激は弱くなってしまいます。


また、指先を外に向けた時に手首の角度が浅くなるのは、「スタートの時だけ」です。


皆さんもやってみていただければわかりますが、指先を外に向けて腕を曲げていくと、最も身体が落ちたところでは手首の角度は深くなります。



また、指先を外に向けるということは、腕立てで身体を下ろしていくと、自然と「脇が閉まりやすい」フォームにもなります。


それを無理やり肘を広げるというのは動作的に不自然であるとも言えます。


Tarzanという雑誌を僕はとてもリスペクトしていますが、たまに「ん?」と思うことがあります。


雑誌に書いてあることを全て鵜呑みにするのではなく、ちょっと立ち止まって自分なりに考える事も時には必要だと思います。


これは、後で、僕のYouTubeチャンネルで動画で詳しく説明しますのでよろしければ、YouTubeの方でも確認してみてください(^^)


色々書きましたが、よろしければご参考にしてください(^^)


ではでは!!!

posted by てっちゃん at 00:03| ガチ筋トレ