2018年12月26日

なぜ、日本人には肩こりが多いのか?

みなさん今晩は!!


毎週火曜日は、「肩こり・腰痛」をテーマにお届けいたしております。


今日は、「なぜ、日本人には肩こりが多いのか?」というテーマでお話ししたいと思います。


肩こりに悩まされているという方はとても多いように思います。


僕もジムでの指導で、ラットブルダウントシーテッドローイングというマシンを指導する際に、肩甲骨を大きく動かすように指導するのですが、この時に肩の筋肉も大きく動くので「肩こりなので気持ちいい」と言われる事がすごく多いです。


そしてそういう方には、「フィットネスクラブでトレーニングをすると、真っ先に効果が出るのが肩こりの改善と血圧なんです」と、僕はよくお客様にいう事が多いです。


しかし・これがですね・・・本当にこのセリフ言う事が多くて、如何に日本人に肩こりが多いのかがうかがい知れることでもあります。


皆さんも子供の頃、お父さんやお母さんの肩をトントンと叩いてほぐしてあげた経験のある方も多いと思います。


肩たたき券とか作りませんでしか?(^^)


それだけ、日本は「肩こり大国」とも言える国なのです。


いやいや、 日本だけでなく、どこの国もそうなんじゃないの?なんて思われる方もいるかもしれませんが、実は諸外国ではそれほど肩こりになる方というのは多くはないそうなんです。


正確にはアジア圏の国では肩こりが多く、西欧諸国では少ない傾向にあるようです。


ちょっとイメージしてみると、確かに外国の映画で、子供がパパやママの肩を叩いているシーンてあまり見た事がないように思います。


肩こりという英語がないのか?と言われると「スティッフ・ネック」という言葉が最も近いそうなんですが、これでも直訳すると「固い首」です。


微妙に肩こりとは違うニュアンスである事がなんとなく伝わると思います。


IMG_5203.png



では、なぜ外国では肩こりが少ないのか?です。


これは「骨格」が違うからだと言われています。


日本人・・特に女性の方は西欧諸国の女性と比べると筋肉が少ないです。


これがどう影響するか?なのですが、まず、肩にかかる力をちょっと考察して見ましょう。


まず、肩の下に「腕」があります。


ご存知の通り、腕は肩からぶら下がっていて、肩を「下に引っ張って」います。


腕の筋肉は片方3lgから4kgほどありますので、もう立っている時間は全てその重さが肩の筋肉を下に引っ張っていると思ってください。


次に肩、首の上には、重量物である「頭」が存在します。


この重さがやっぱり4〜5kgあるのです。


これも比較的横から見た重心線よりは前にあり、首も前に傾いて頭を支えます。


つまり、肩の筋肉というのは、「腕」によって下に引っ張られつつ、「首」の重さも支えていることになります。


この二つの重量にひっ貼られる筋肉が「僧帽筋」とその深部にある「肩甲挙筋」という筋肉です。


ここで大切なことは「筋肉とはその面積が大きければ大きいほど疲れにくい」という特徴があります。


日本人の比較的筋肉量が少ない、さらになで肩女子や、草食系男子などは、特に肩こりを起こしやすい骨格であると言えるのです。


普段筋トレに励んでいる筋骨隆々の男性からは「いやあ、肩こりがひどくって」ってセリフあまり聞かないですよね(^^)


もし、肩こりがひどくて悩んでいるという方は、ぜひ方周りの筋トレをして、しっかりとした骨格筋を作ることによって、かなり肩こりを改善させられると思っていただいていいと思います。


肩を叩いてもらったり、ストレッチすることも大切ですが、ぜひ「筋トレ」に励んでいただいて、肩こりを根本から直して見てはいかがでしょうか?


色々書きましたが、よろしければご参考にしてください(^^)


ではでは!!
posted by てっちゃん at 00:00| 腰痛