2018年09月10日

より代謝を上げるスポーツクラブの上手な利用法

みなさんこんばんは!


今日は、「より代謝を上げるスポーツクラブの上手な利用法」というテーマでお届けしたいと思います。


ダイエットのためにスポーツクラブに通うという方、たくさんいらっしゃると思います。


そして、どうせお金を払ってスポーツクラブに通うなら、より効率的に使いたい!!!


そう思うのが人情だと思います。


そこで今日は同じようにスポーツクラブを利用するにあたっても、よりダイエット的に効率的な利用法について、いろいろとご紹介したいこうと思います。


まず、「通う時間」です。


スポーツクラブに長く勤めていると、朝オープンからたくさんのお客様がいらっしゃるシーンはどこのスポーツクラブでもよく見かける光景だと思います。


はたまた、クローズ間際に慌てて駆け込んできて、急いでメニューをこなすような方もたくさんいらっしゃいます。


ダイエット的にどちらがいいのか?ですが・・


これは、「朝」の利用の方が有利であると言えます。


その理由として、運動中の消費カロリーは朝でも夜でも同じなのですが、「その後」が違うのです。


運動後もしばらくは代謝は高い状態をキープします。


朝の運動は、この代謝の高い時間に、日常生活を送るので、ちょっとした日常生活で使う消費カロリーが高くなっていく傾向にあります。


それに対して、夜通う方はジムから帰ったら就寝される方が多いと思います。


せっかく代謝の高い状態が起こっていても、就寝してしまっては消費カロリーは最小ですので、この場合は朝に身体を動かす方が有利と言えます。


ではジムに入館し、ロッカーで着替えをする場合ですが・・・次の問題は、「ウェア」です。


最近は流石に目にしなくなりましたが、サウナスーツでトレーニングした方がいいのか? 機能的なウエアでトレーニングした方が良いのか?です。


安全面はちょっと置いておいて、純粋に代謝の面から考えた場合は、なんとなくサウナスーツの方が良さそうと思われる方もいらっしゃるかもしれません。


それは身体が熱く感じるからだと思いますが、代謝が上がっているわけではなく、蒸発しない汗がサウナスーツ内でこもっているだけです


機能的なウェアの方が、快適で長くトレーニングできますし、快適な分トレーニングに集中もしやすいので、代謝の面から見ても、サウナスーツはお勧めではなく、ちゃんとしたウェアを着てトレーニングするようにしましょう。


では着替えたら早速ジムトレーニングですが、まずはウォーミングアップとして、有酸素運動を10分ほど行います。


この場合ですが、10分以上は行わなくて結構です。


よく、そのまま何十分も有酸素運動を続ける方がいますし、それだけを行う方も多くいらっしゃいます。


有酸素運動は脂肪をエネルギーにしますが、この時血管の中に脂肪が溶け出して、血中の「遊離脂肪酸」という物質の数値が高くなります。


この数値が高くなればなるほど「脂肪が燃えている」ということになるのですが、デメリットが一点あります。


それは、遊離脂肪酸は筋肉を作る要因の一つである「成長ホルモン」の分泌を抑制する働きがあります。


なので、最初に有酸素運動を長くやってしまうと、せっかく筋トレをしても成長ホルモンの分泌が抑制されていまい効率的ではないのです。


もし筋トレも行う方に関しては、最初の有酸素運動は10分くらいにとどめ、さっさと筋トレを始めた方が効果的です。


そして、筋トレが終わってから有酸素運動を行うようにしましょう。


成長ホルモンは脂肪を燃やす働きもあるので、筋トレ後に有酸素運動を行えば、成長ホルモンが脂肪を燃やしてくれるので、代謝の面でとても有利になります。






筋肉を作る意味でも脂肪を燃やす意味でも「筋トレ」→「有酸素運動」の順番は鉄板と言えます。


そして、肝心の筋トレですが、全身まんべんなくトレーニングすることが基本なのですが、代謝をよくしたかったら、下半身の筋トレは必須となります。


一番のオススメは「スクワット」もしくは「デッドリフト 」です!!


IMG_4825.jpg



IMG_4251.jpg




多くの筋肉を動員しながら行うこの二つの種目は、まさに運動後の代謝の高まりをより高くしてくれる代表的な種目です。


ダイエットが目的の方はどうしてもウエスト周りを気にして、身体を捻る系のマシンや腹筋、もしくは二の腕のトレーニングをしたがりますが、それらの場所は筋肉が小さく代謝を上げる効果も大きくありません。


ぜひ「足」そして、ここは最近トレンドでやる方も多い「ヒップ」のトレーニングを多く行うようにしましょう。


次回もちよっとこの「より代謝を上げるスポーツクラブの利用法」をいろいろとご紹介したいと思います。


よしければおたのしみに(^^)


ではでは!
posted by てっちゃん at 00:07| ダイエット