2018年08月17日

乳酸菌を目的別で選ぼう 成人病編

みなさんこんばんは!


今日は前回に続いて「乳酸菌を目的別で選ぼう 成人病編」というテーマでお届けしたいと思います。


毎日健康のためにヨーグルトを食べている・・・・という方も多いと思います。


ヨーグルトの乳酸菌が、腸内を健康にしてくれ、健康にいいだろう・・・と・・・


そんな、食べやすく、健康にもいい「ヨーグルト」ですが、その乳酸菌が実はいくつか種類があり、その種類によって効果が異なるとしたらどうでしょう?


その目的別に乳酸菌を選び分けていますでしょうか?(^^)


今日はその辺について少しお話しししたいと思います。


ここ何回か、疲労回復をテーマにした回は、乳酸菌を目的別で選ぶというお題で書いてきましたが、今日は、成人病対策としてどんな乳酸菌が、成人病に効果があるのか?についてご紹介したいと思います。


IMG_4415.jpg


成人病・・・健康診断を控えている方には、色々と気になる方も多いと思います。


成人病といえば、真っ先に思い浮かべるのは「コレステロール」ではないでしょうか?(^^;


「私コレステロールが高くって」みたいな会話は、健康診断シーズンでは職場の雑談の中で普通に聞かれる話だと思います。


コレステロールは、脳卒中や心筋梗塞を引き起こす危険因子の一つであることはいうに及びません。


しかし、乳酸菌は、このコレステロール値を下げたり、腸管の中でコレステロールを吸着して身体の外に押し出すという働きがあることがわかっています。


IMG_4842.jpg



そんな、成人病に強い種類の乳酸菌は何かというと・・・


ラブレ菌

※BT2928

※GCL1176


という乳酸菌です。


また、ビフィズス菌は腸内のコレステロールの約半分を腸で吸収されにくいコブロスタノールに分解する働きもあります(^^)


合わせて覚えておくと良いと思います(^^)



次に、健康診断できになるのは・・・血糖値!!!


そんな方も多いと思います。


血液中に含まれるブドウ糖の濃度が高い状態が高血糖と言われる状態です。


これがどんどん進んでしまい慢性化すると怖い糖尿病に進んでいく可能性が高くなります。


バランスの悪い食生活を見直したり、運動不足を解消したりすることが解決の近道であることに間違いありません!!!


そして実はヨーグルトには、この血糖値の上昇を防いでくれる働きがあるものがあります。


血糖値は、特に食後に急上昇するものです。


デザートでヨーグルトを食べる習慣があり、かつ血糖値が気になる方は、この血糖値の上昇を防いでくれる乳酸菌の種類を覚えて、その乳酸菌が入っているヨーグルトを食べていくと効果的であるといえます(^^)



では、飛んな種類の乳酸菌が、血糖値の上昇を防いでくれるのか?と言うと・・


クレモリス菌FC株

※Dr.飲むヨーグルト


です。

二つ目のDr.飲むヨーグルトはほとんど商品名ですが(^^;


ヨーグルトのネバネバ成分の正体である乳酸菌由来の多糖にも、血糖値の抑制効果があります。


上記の乳酸菌の他にも、少し粘り気のあるヨーグルト・・例えば昔流行ったトルコヨーグルトなどをチョイスするのもいいかもしれません!!!


今までたくさんの乳酸菌を色々とご紹介してきましたが、それは「目的別」に分けてそれぞれの乳酸菌をご紹介してきました。


しかし、当然一つの乳酸菌が一つの目的にあっているだけに止まらず、複数の目的にあっている乳酸菌もあるわけです。


次回は、乳酸菌のご紹介シリーズ最終回として、それぞれの乳酸菌にどんな複数の効果があるのか?と言う視点でお話氏したいと思います。


この目的のつもりで購入した乳酸菌が、実は別の目的にも有効だった・・・なんて知ったら嬉しいですよね(^^)


よろしければ是非お楽しみにしてください(^^)


ではでは!!!!


今日の日記ブログはこちらから(^^)
おじさんトレーナーの悪戦苦闘の日々
やばかった!! マジで!!!(TT)

posted by てっちゃん at 00:06| 疲労