2018年08月10日

乳酸菌を目的別で選ぼう ストレス対策編!!

みなさんこんばんは!


今日は前回に続いて「乳酸菌を目的別で選ぼう ストレス対策編!!」というテーマでお届けしたいと思います。


毎日健康のためにヨーグルトを食べている・・・・という方も多いと思います。


ヨーグルトの乳酸菌が、腸内を健康にしてくれ、健康にいいだろう・・・と・・・


そんな、食べやすく、健康にもいい「ヨーグルト」ですが、その乳酸菌が実はいくつか種類があり、その種類によって効果が異なるとしたらどうでしょう?


その目的別に乳酸菌を選び分けていますでしょうか?(^^)


今日はその辺について少しお話しししたいと思います。


今日は現代日本で日々ストレスにさらされている方も多いと思いますが、そのストレスに伴う様々な状況に対して効果のある乳酸菌についてご紹介していきたいと思います。


まず、ストレスがかかると、腸の動きが悪くなって悪玉菌が増えます。


悪玉菌が増えると免疫力の低下などが起きます。


そこで登場なのが「乳酸菌」なのです。



IMG_4842.jpg


乳酸菌にはストレスホルモンの増加の防止に効果があることがわかっています。


こういう場合にオススメなのは


CP2305株

※ BE80

ラブレ菌


という乳酸菌です。


また、ヨーグルトに含まれるカルシウムにもストレスを解消させてくれる働きがあります。


ぜひ仕事前の朝食時だけでなく、仕事終わりの夕食後のデザートにもこれらの乳酸菌を摂取してみてはいかがでしょうか?



次に、ストレスがかかると、血圧が上がる・・・・


そんな方いらっしゃいませんか?(^^;


昔の漫画だと、お父さんが怒るシーンだと「お父さん血圧が・・」とお父さんを心配するお母さんの姿がよく描かれていたものですが(^^;


ヨーグルトに含まれる「カリウム」という物質は、血管内のナトリウム(塩分)を外に排出してくれる働きがあります。


それによって血圧が下がりやすくなります!!やっばり血圧には塩分が大きく関わってきます!!


また、ヨーグルトの作る「ラクトトリペプチド」という物質は、血圧上昇にに働く酵素の邪魔をしたり、血管年齢を若返らせる働きがあります。


そんな高血圧対策に効果のある乳酸菌は


アミールS

LC1

※CM4株


となっています。


日本人の塩分摂取量の推奨量は、厚生労働省の推奨では、なんと1日6gほどとなっていますが、これはものすごく少ない数値です。


一般的な生活をしているとこの数値を達成するのは、結構難しい数値なのですが、日本では地方に行くと、どうしても漬物が多く、そのため塩分過多となりやすい国民性となっています。


そして、高血圧の方が多いお国柄なので、ぜひそんな方は、ちょっとこれらの乳酸菌のことを頭に入れて、乳酸菌を多く摂取する生活を始めてみてはいかがでしょうか?


色々書きましたがよろしければご参考に(^^)


ではでは!!!!
posted by てっちゃん at 00:02| 疲労