2018年08月07日

実はジャンプテストにも色々とある!!!!!

みなさんこんばんは!


毎週月曜日は「スピード・ジャンプ力向上」をテーマにお届けいたしております。


今日は、「実はジャンプテストにも色々とある」と言うテーマでお届けしたいと思います。


ジャンプ力を上げたい!!


バスケットボールやバレーボールを始め、ジャンプ力を要するスポーツは各種あります。


そのため、ジャンプ力向上を目指してトレーニングをしていると言う方も多くいらっしゃるでしょう。


プライオメトリックトレーニングという、各種ジャンプ系トレーニングがあるのですが、それはそれで色々な形でジャンプ力を向上させるためのトレーニングでもあります。


箱に飛び乗ったり、飛び降りたり、片足で飛んだり、飛ぶ方向に変化を加えたりと、そのバリエーションは様々です。


しかし、そんなプライオメトリックトレーニングのみならず、「ただシンプルにジャンプする」だけでも、結構種類があると言ったらどうでしょう?


いやいや、ただ飛ぶだけでそんなに種類があるわけないじゃん!!


というお声か聞こえてきそうですが、これが結構あるんです。


「ジャンプテスト」と言われるのですが、ただ飛ぶだげも、形がいくつかあり、それぞれの形でどれくらい飛べたかをモニターしていくのですが、今日はそのジャンプテストの内容と目的を色々とご紹介したいと思います。


まずご紹介するのは「カウンタームーヴメントジャンプ」です。


これは、最も一般的にジャンプです。


腕を下に振り下ろした際に一旦軽くしゃがんで、腕を上に振り上げるとともにジャンプする方法です。


一般的な「垂直跳び」のテストだと思っていただければいいと思います。


このテストの目的は「一般的なジャンプ力」を測定するために行われます。


IMG_5037.jpg



まあ、これは簡単に想像がつくと思うのですが、逆に言えば「これ以外に何があるの?」と思われると思います。


まずは「スクワットジャンプ」です。


これはですね・・・しゃがむにはしゃがむのですが・・・・


そこで「4秒間静止した後」にジャンプするんです。


つまり「しゃがんだ勢い」を使えないので、純粋に「足の力」での瞬発力を図るテストだと思ってください。


IMG_5036.jpg



次にご紹介するのは、「スパイクジャンプ」です。


何かかというと、まさに字のごとく、2〜3歩軽く助走を行って、最後ステップインしてジャンプを行います。


これは、バレーボールなどのスパイクにおいて、どれくらい高い打点まで到達できるのか?を図るテストです。


先ほどのカウンタームーブメントジャンプやスクワットジャンプと違い、助走のテクニックをどれくらい有効に使えているのか?がわかるテストです。


IMG_5038.jpg



もう一つ、バレーボールに近い方のジャンプ力テストに「ブロックジャンプ」があります。


これは読んで字のごとく、両腕を上にあげたまま、その場でジャンプするテストです。


カウンタームーブメントジャンプとの最大の違いは「腕の振りによる勢いを使えない」という点です。



IMG_5039.jpg



腕の振りというのは、ジャンプする際にはかなり重要で、これがあるのとないのとでは、最高到達点は大きく変わります。


カウンタームーブメントでは高く飛べるのに、プロックジャンプではあまり飛べないという方は、足の力によるジャンプ力のパフォーマンスの低さを腕の振りでカバーしている可能性が高いです。


また、逆の場合は、せっかくジャンプ力のポテンシャルがあっても、腕の振りのテクニックがうまくないため高くとべないという事が考えられます。


これらのジャンプ力テストを色々組み合わせて、その数字を考察すると、このように単一のジャンプテストだけ行なっているよりも、色々なことが見えてくるものです。


例えば、その場でのジャンプテストは全て好成績なのに、助走をつけた瞬間数字がそれほどでもない場合は、助走からのステップインのテクニックに問題がある可能性があります。


もしスクワットジャンプの数字だけ悪い場合は、その選手は「0発進」の能力が劣っている可能性があります。


こういう選手は「動きのキレ」に問題があることが予想されます。


自分の弱点や長所、どこに取り組んでトレーニングすればいいのか?などを知るためにも、ぜひ複数のジャンプテストを行なって、その数字をモニターしていくことはとても大事です!


ぜひ、ジャンプ力向上のためにもも上記のテストを全て行って行って、ご自身の能力を正確に測るようにしてください(^^)


よろしければご参考に(^^)


ではでは!!!
posted by てっちゃん at 00:20| ジャンプ、スピード、アジリティ