2018年08月02日

骨盤前傾に対しての対策について!!

みなさんこんばんは!


毎週水曜日は皆様とのやりとりをくわしくご紹介させていただいております。


今日ご紹介するのはこのようなやりとりです。


Q
僕は膝を手術し脚を半年ほど動いていなかった訳か、走る時や歩いている時に体が伸び切らず、尻が後ろに突き出たようになってしまいます。


調べたところ骨盤前傾という反り腰なのかと思い、改善したいのですが、骨盤前傾を治すためには僕が調べた限りでは腸腰筋と内転筋、臀部を鍛えたら良いと認識しているのです。

野上さんはどのようなお考えを持っているかを知りたいです。


A
骨盤前傾を治すには、ハムストリングと腹直筋を鍛えるべきだと思います(^^)


Q
わかりました!心がけてしていきたいと思います!


Q
御無沙汰しています。

以前、ATの方に見てもらったところ外側広筋と内側広筋のバランスが悪く、内側広筋が弱いといわれました。

レッグプレスやレッグエクステンションが効果的とは言われたものの、それをしたら、外側広筋と内側広筋の両方が鍛えられてしまうので、あまり差は変わらないように思います。

内側広筋に焦点を当てたトレーニング又工夫して内側広筋の方により負荷がかかるような方法はありますか?


A
レッグエクステンションをガニ股でやると内側、つま先と膝を内にして行うと外側広筋が鍛えられやすいと言われています(^^)


Q
分かりました!継続してみます!!


というものでした。


内容が違うご質問ですが、同じ方からのご質問でしたので、まあ二つご紹介しようかなと思って取り上げさせていただきました(^^)


まず、最初の骨盤前傾についてですが、骨盤な前傾とは、骨盤の前側が下に下がりすぎる状態のことを指します。


IMG_4903.jpg



骨盤の傾きの原因は、体の各所の

・筋肉が硬い

・筋肉が弱い

の組み合わせによって起こることがほとんどです。


この結果が動作のクセ(姿勢のクセ)につながり、骨盤が傾いていくのです。
(骨盤が歪むと表現されることが多いですが、正確には「傾く」が正解です)


まず、どこが硬くなると骨盤前傾が起きるのか?ですが・・・


骨盤が前傾する場合は、骨盤の前側の下の筋肉が硬くなると、骨盤の前部が下に引っ張られてしまい骨盤前傾を誘発します。


この場合は大腿四頭筋になります(^^)


また、骨盤の後部の上・・要するに「腰」が硬くても、骨盤後部を上に引き上げてしまい、やはり骨盤前傾を誘発します。


また、「弱い」箇所としては、「骨盤前部の上側」が弱いと、骨盤を支えておくことができず筋肉が伸びてしまい、骨盤前傾を引き起こします。


この場合、腹筋ですね(^^)


また、骨盤の後ろ側に関しては、下にあるハムストリングスが弱いと、これまた骨盤を支えておくことができず、筋肉が伸びてしまい、骨盤の後部が上がってしまい、骨盤前傾を起こしやすくなります。


なので、質疑応答では、「骨盤前傾を治すには、ハムストリングと腹直筋を鍛えるべきだと思います(^^)」と答えさせていただいています。


次に、大腿四頭筋の鍛え分けですが、このAT(アスレティックトレーナーの略)さん、よくぞまあ、大腿四頭筋の中の細かい筋肉のバランスの悪さを言い当てられるなあと感心しています。


よほどこの方の足の筋肉が筋骨隆々で、外から見たサイズの違いがはっきりわかるか、僕はATの資格は持っていないのでわからないですが、大腿四頭筋の中のそれぞれの筋肉のバランスを評価するテストが存在するのかもしれません。


話は横にそれましたが、この一箇所の筋肉の中のバランスを鍛え分けるときは、「単関節運動」で、少し「向き」を変えると比較的鍛え分けられると言われています。



この場合、レッグエクステンションという大腿四頭筋の単関節運動で、さらにつま先の向きを変えることによって鍛え分けます。


IMG_3796.JPG



つま先を内側・・ちよっと内股気味にすると、大腿四頭筋の外側がより強く収縮することになり、そちら側が鍛えられやすくなります。


これ、つま先をちょっとうちに入れるくらいではダメで、股関節の根元から内側に捻らなければダメです。


また、逆にガニ股気味にすると、大腿四頭筋の内側が動作の延長線上の筋肉となり、そこが強く鍛えられる傾向になります。


ただ、「鍛えられやすくなる」とか、「傾向にある」など、ちょっと歯切れの悪い表現になっています(^^;


というのも、ひざ関節は「蝶番関節」と言って、一つの方向方向にしか動かない関節なのです。


したがってこのように「捻った形」を取っても、所詮動く方向には変わりはないので、この効果は限定的ではないかと僕は個人的に思っています。


また、決してひざに優しいエクササイズであるとはちょっと言い難いので、使用に関しても限定的に行った方が良いと思います(^^)


色々書きましたが、よろしければご参考にしてください(^ ^)


ではでは!
posted by てっちゃん at 00:05| ゆがみ