2014年09月18日

腰痛「後屈が痛い方へ」の「防ぐ」オススメ「股関節の運動性向上エクササイズ」を3つご紹介

皆さんこんばんは!!


今日は「腰痛「後屈が痛い方へ」の「防ぐ」オススメ「股関節の運動性向上エクササイズ」を3つご紹介」と言うテーマでお届けしたいと思います(^^)


まずは、ここ最近のいつものおさらいから行きましょう(^^)


まず、腰痛には「前屈すると痛い」というパターンと「後屈すると痛い」というパターンがあります。


さらに、対策法の一つとして対症療法的に「ほぐす」という対策と、予防的に「防ぐ」という対策があります。


そしてさらに腰痛を防ぐためには、体幹へのアプローチと、股関節へのアプローチがあります。


今日は「後屈が痛い方へ」の「防ぐ」オススメ「股関節の運動性向上エクササイズ」を3つご紹介です


後屈が痛い方は、大腿の後ろ部分とお尻が硬く、膝が自然と外を向いてしまうタイプの方が多いんです。


そこでまず硬い股関節の運動生を向上させるのと、膝を外に向けさせないように内転筋群を鍛えていきます。


その対策としてクッションを巧く使いましょう。


まず最初のエクササイズとして、仰向けで両膝を立てて寝ていただき、クッションを両膝で挟み込んで頂きます。


そのまま両膝を曲げたまま足を持ち上げます。


ニーアップというエクササイズです(^^)


IMG_5009.jpg



クッションをつぶすように強く挟む事に寄って内転筋を使いつつ、さらに股関節を足を運ぶ上げる事によって内転筋を働かせながら動かすコツをつかんで頂くエクササイズとなります!!


もちろんクッションではなく、ゴムボール等でもOKですよ(^^)


まず、このエクササイズを10回3セットを目安に行なって行きましょう!!



次にこのエクササイズに慣れてきたら、次のエクササイズとしてはこれの進化版!!(進化系という程たいした物でもないですが)です。


クッションをつぶしたままは同じですが、両膝を「伸ばしながら」足を上げていきましょう。


下ろすときは足を曲げていきながら動作し着地は両膝を立てた状態に戻します。


両膝を伸ばしていくことによって若干運動強度が高まります!!


IMG_5010.jpg



最後のエクササイズは両手を頭の上に万歳しながら立っていただきます!!


「そのままの姿勢」で片足をもも上げしていただきます。


上げた所でキープです!!


両手を頭の上に万歳しながら行うことにより、腕でバランスをとる事を殺しています。


この状態で片足を上げようとすると上体を上げようとする足の反対サイドへ傾けがちになります。


これを出来るだけしないようにしながら膝を「まっすぐ」上げるようにしていただくと、コア回りの筋肉(股関節回り、内転筋含む)をいろいろ動かしてあげる事が出来ます。


IMG_5011.jpg



もちろん膝が外側に出っ張らないように気をつけて下さい!!!


前回ご紹介したエクササイズと合わせて日頃から実施していただき、ぜひ腰痛予防にお役立て下さい。


一応今回で腰痛、前屈が痛い方、後屈が痛い方、へのタイプ別の対象法エクササイズシリーズは終了です!!


よろしければゼコご参考にしてください(^^)


ではでは!!!!
posted by てっちゃん at 01:01| Comment(0) | 腰痛
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: