2014年08月14日

腰痛!! 「後屈が痛い方へ」の「ほぐす」オススメ「股関節動的ストレッチ」を3つご紹介

皆さん今晩は!!


今日は腰痛!! 「後屈が痛い方へ」の「ほぐす」オススメ「動的ストレッチ」を3つご紹介というテーマでお届けしたいと思います。


ここでまたちょっといつものおさらいから・・・


まず、腰痛には「前屈すると痛い」というパターンと「後屈すると痛い」というパターンがあります。


さらに、対策法の一つとして対症療法的に「ほぐす」という対策と、予防的に「防ぐ」という対策があります。


そして、ほぐしていくには、動かしながら行なう「動的ストレッチ」とじっとしながらじっくり伸ばしていく「静的ストレッチ」を組み合わせていきます。


また、腰痛には、体幹へのアプローチと股関節へのアプローチがあります。


今日は「後屈が痛い方へ」の「ほぐす」オススメ「股関節動的ストレッチ」を3つご紹介です



前回は静的ストレッチでしたが今日は動かしながらほぐします(^^)


まずは立っていただいて手は腰にあてます。


そのまま片足を伸ばしたまま、足をぶらぶらと前後に振ってみましょう。


足を振り子のように振って下さい。


IMG_5017.jpg


次にまた立った姿勢のまま片足をちょっとだけ浮かします。


脚は伸ばしたままです(^^)



そのままつま先を内側、外側にくるくると回しましょう。



要するにふとももの骨が股関節内で回転するようにします。


IMG_5018.jpg



最後に両足を伸ばしたまま座ります。


そのまま前の動作と同じように今度は座った状態のまま、つま先をプルプルと左右に振って下さい。



踵を支点に、脚の親指でまるで手でバイバイするような感じで脚でバイバイしてください(笑)


やはりふとももの骨が股関節内でクルクルと回転するようにします。


IMG_5019.jpg



これらすべてのエクササイズを10回から20回くらい行うようにしましょう。



前回も書きましたが、腰を反らしにくい、もしくは反らすと痛みが強くなる方はお尻と太ももの裏側が硬く股関節の動きが悪いパターンが多いのでまずこの部分を伸ばしてほぐしてあげることが大事です!!



静的ストレッチではお尻と太ももの裏側を、動的ストレッチで股関節の動きが悪いのを修正するようにしましょう!!!


よろしければご参考に(^^)



ではでは!!!!
posted by てっちゃん at 00:49| Comment(0) | 腰痛
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: