2019年08月31日

ランニングシューズの選び方

みなさんこんばんは


毎週金曜日は「身体の歪み」をテーマにお届けいたしております。


今日は・・「ランニングシューズの選び方」というテーマでお届けしたいと思います。


前回は、「足に合った」という前置きがつきましたが、今日はこの前置きはつきません(^^;


今日はランニングシューズ全般の選び方の基本についてお話ししたいと思います。


自分の走りにあったシューズをいかに選べるか?は、正しい走りのフォームを考える上でもかなり大切です。


間違ったシューズを選ぶと「ゆがんだ走り」を誘発させやすくなってしまいます。


そんなことにならないためにも、正しいシューズの選び方を何回かに分けてご紹介したいと思います。


まず、よく言われることですが、ランニングシューズを選ぶときにポイントになるのは、「走る速度」と「シューズの性格」が合っているのかどうかです。


走る速度と、着地に関しては密接な関係があります。


着地には概ね3種類の着地があります。

・かかと着地

・つま先着地

・フラット着地


の3種類です。


一般的には、スピードが遅い初心者ランナーはかかと着地になることが多く、スピードが上がってくるうちに、フラット着地や、つま先着地になってくるものです。


ただ、これには例外もたくさんあり、一流のアスリートランナーの中にもかかと着地で走る方もたくさんいるので一概には言えないところです。


また、シューズのタイプとしては、


底が厚く、重さも安定性重視のために重たく作られているのが「ジョギングシューズ「」です


また、そこの厚みはそこそこで、安定性よりもやや軽量性に重点を置いているので「ランニングシューズ」となります。


そして、軽量性と地面からの反発力を最大限に利用できるように底がかなり薄く作られているのが「レーシングシューズ」になります。


そしてここで難しいのが、「かかと着地の方はジョギングシューズ」とはいかない点です。


というのもジョギングシューズの中にもいろいろな「形」があります。


特に見てもらいたいのは「かかとの形」です。


シューズを横から見たときに「かかとの部分が張り出している」シューズをよく見かけます。


かかと着地の方が、このようにかかとが張り出しているシューズを使用すると、着地のたびにそこがぶつかり、シューズの中で足がずれてしまうのです。


なので、かかと着地の方は、ソールのかかと部分が張り出しているシューズは選ばない方が良いです。


これらのどれをチョイスしたらいいのか?ですが、先ほどのスピードと着地よりも、より相関性の高いチョイスの仕方があります。


それは「ストライドに合わせる」です。


IMG_33172.JPG



ストライドの幅が狭いタイプのランナーは「ジョギングシューズ」をチョイスした方が良いでしょう。


そこから少しずつ、ストライド幅が広くなるにつれ、ランニングシューズ、レーシングシューズとなっていくと良いでしょう。


ただ、ストライド幅とは、やはりスピードと直結するので、ランニングの速度で換算すると、


・キロ6分台で走る方はジョギングシューズを、

・キロ5分台で走る方は、ランニングシューズを、

・キロ4分台で走る方はレーシングシューズを



利用した方が、速度レンジとシューズのマッチンクが良いと言えます。


また、先ほどのかかと張り出しのないシューズを初心者が履くと、それだけでストライドが広くなり走りのスピードが早くなる方もいます。


この辺は、まさにシューズ選びが実は大切であるという点を表しているポイントだと思います


次回も、ちょっとこのランニングシューズの選び方をテーマにお話ししいたと思います。


よろしければおたのしみにしてください(^^)


ではでは!!
posted by てっちゃん at 00:11| ゆがみ