2019年01月28日

ダイエット中の身体の「中身の変化」を、ちゃんと知ろう!!!

みなさんこんばんは!


毎週日曜日の夜は「ダイエット」をテーマにお届けいたしております。


今日は「ダイエット中の身体の「中身の変化」を、ちゃんと知ろう!!!」というテーマでお届けしたいと思います。


ダイエットに取り組む方は当然、身体の変化を求めて食事制限だったり、トレーニングなどに励んでいると思います。


しかし、その「変化」に関しては、かなりの方が「ざっくり」とした認識で取り組んでいるのではないでしょうか?


ただ痩せればいい・・・という方もいれば、とりあえず〇〇Kg痩せたい!!という方もいます。


また、「体脂肪率を何%にしたい」という方もいるでしょう!!


またはウエストをあと〇〇cm細くしたい!!!なんて方もいらっしゃると思います。


それらの目標を持つことはとても大切です!!!


特に、数字で具体的に目標を立てることは大切で、それに向かって日々自分の変化と照らし合わせて、ダイエットへの取り組みを調整していくことは、ダイエットにおいてはとても効果のあることです。


しかし、そう言った「目に見えるところ」ではなく、「身体の中身」がどのように変化をしているのか?と言う目線を持っている方はとても少ないと思います。


そこで今回は、その「身体の中身の変化」についてフォーカスしてお話ししたいと思います。


でも身体の中身って・・・・見えないじゃん!! そんなのわかるわけないじゃん!!!


と思われる方も多いと思います。


確かに身体の中身は見えないですが、先ほどの体脂肪率のような「見える数字」から、身体の中身の変化って簡単にわかるものなのです。


まず、ここではわかりやすい、みなさんよくご存知の体脂肪率からみる身体の変化についてお話ししたいと思います。


身体の変化といっても、話はダイエットですので、ここでてでくるのは「筋肉」と「脂肪」の変化だと思ってください。


IMG_4838.jpg


例えば、体重60kgの人がいたとします。


体脂肪率は25%としましょう。


まず問題なのは、この時に体脂肪が具体的に何kgついているのか?です。


体重60kgで体脂肪率が25%だと、体脂肪は15kgほどついている計算になります。


割とついてんな・・・と思われると思いますが、人間は一般に想像されるより多くの脂肪量を有しているのです。


この脂肪を取り除いた体重を除脂肪体重といいます。


筋肉に関してはざっくりこれで計算します(^^)


もちろん内臓や骨などもありますので純粋な筋肉の量(骨格筋の量)ではないのですが、それらの変化はダイエット時であってもほとんど変化の幅は少ないので、この除脂肪体重で筋肉の変化を見てみます。


すると、60kg−15kgですから、除脂肪体重は45kgとなります。


次にこの方がめっちゃダイエットを頑張って、10kgのダイエットに成功したとします。


このときに以下の3つのパターンが存在します。

1 体重は減ったが、体脂肪率は変わらない

2 体重は減り、体脂肪率も減った

3 体重は減り、体脂肪率は上がってしまった

です。

1なんてことはあるの?と思われるかもですが、これ結構あります!!!


しかし、それでも脂肪の「量」はある程度減っているのです。


なんのこと言ってるのかさっぱりわからない方もいるかもですが、具体的に計算していくとわかってきます!!


では1の場合を説明します。


1の場合、体重が50kgになっても体脂肪率が25%なので、脂肪の量は50kgの25%ですから、12.5kgの脂肪がついている計算になります。


先ほどは15kgの脂肪がついていたので、体脂肪率に変化がなくても、「脂肪の量」で見たら脂肪は2.5kg減っているのです。


体脂肪率に変化がなくても、脂肪の量は減る・・・


不思議な感じがするかもしれませんが、脂肪の「量」に関しては、もともとの体重が減っていれば、割合(体脂肪率)がそのままなら、実際についている量に関しては減るものです。



しかし、この場合あと7.5kgは何が減ったのか?です。


この場合は・・・・「筋肉」が減っているのです!!!!!


んー・・・7.5kgも筋肉が減る・・・・


これが身体の「中身をちゃんと見る」ということなのです。


次回は、2と3のパターンについて、また色々と詳しくお話ししたいと思います。


よろしければおたのしみにしてください(^^)


ではでは!!!
posted by てっちゃん at 00:16| ダイエット