2019年01月20日

コンセントレーションカールの正しいフォームについて

みなさんこんばんは!


今日は「筋トレ」をテーマにお届けいたしております。


今日は「コンセントレーションカールの正しいフォームについて」というテーマでお届けしたいと思います。


コンセントレーションカール・・・腕を太くしてえ!!!という方でジムに通っている方は一度くらいは目にしたことのある種目かもしれません。



今日はこの「コンセントレーションカールの正しいフォーム」について色々とお話をしたいと思います。


コンセントレーションカールに「正しいフォーム」なんてあるの?と思われる方もいるかもしれません。


しかし、僕も指導していると、割と「間違ってやっている」方を散見します(^^;


これですね・・・間違ってやると何の効果もないエクササイズになってしまう危険があります。


今日は日本トレーニング指導者協会で推奨しているコンセントレーションカールの基本的なフォームをご紹介していきたいと思います。


開始姿勢

・片手にダンベルを保持し、肩幅より広めの足幅でベンチに座る

・大腿部の内側に上腕部(肘より少し上)を固定する

・ダンベルを保持していない手は膝または大腿部の上に固定する

・視線を上腕部に向ける

動作

・肘を公家てダンベルを挙上する

・肘を伸ばして開始姿勢に戻る


呼吸法

・ダンベルあげる局面で息を吐き、ダンベルを下ろす局面で息を吸う

です。


IMG_5428.jpeg



続いて、起こりやすい問題点についてです。


問題点その1

・肘の位置が高すぎて前腕が大腿部の内側に接してしまっている


これだと挙上するときに肘が大腿部に乗り上げてしまい、肝心の上腕二頭筋に全く負荷がかからず、トレーニングにならなくなってしまいます。


これは本当によく見るダメポイントで、逆に負荷がかからないため高重量で行えるため、わざとこのフォームでトレーニングして周囲に「俺高重量で筋トレしてるぜ」アピールをしているんじゃないか?と思うこともあります(^^;


また、最初は正しい位置に肘があったとしても、反復動作中に上半身がのけぞり肩が後方に大きく移動すると、徐々に肘の位置が上がってしまい、このようなフォームになる方もいます。


IMG_5430.jpeg



問題点 その2


・動作中肘が手前に移動している


反復動作中に動作が困難にナックルと、肘で大腿部の内側を圧迫する力が作用しやすくなり、肘が手前に移動してしまうケースが見られます。


これを防ぐのは割と簡単で、もう片方の手のひらを大腿部に当てて、親指と人差し指の間の部分で上腕部を固定させればOKです。


問題点 その3


・手首が曲がる

これは、どうしてもカールする際に力が入り極端に手首が曲がってしまう方がいます。


しかし、コンセントレーションカールは自分の手首をチェックしやすいフォームであるので、少し気をつければこれは大丈夫でしょう。


IMG_5429.jpeg


問題点 その4

・上半身が過度に傾く、または、前傾する

反復動作が困難になってくると、上半身の角度が不安定になります。


反復がきつくなると、肘を固定したまま、上半身を後ろに倒し勢いをつけ、ダンベルをあげ、さらにその後肩を素早く前に移動させることで、肘を曲げることができます。


これもコンセントレーションカールでよく見られる代表的なパターンです。


修正法としては、反対側の腕で肩を押さえておくという手法があります。


IMG_5431.jpeg


次回は、このコンセントレーションカールのバリエーションについてお話ししたいと思います。


よろしければおたのしみに(^^)


ではでは!!!!


posted by てっちゃん at 12:31| ガチ筋トレ