2019年01月17日

筋肉の分解の抑制のために・・・

みなさんこんばんは!


毎週水曜日は、みなさんとのやりとりを詳しくご紹介している日となっております。


今日ご紹介するのはこのようなやりとりでした。


Q
野上さん、失礼します。

また教えて頂きたく、DMを送らせて頂いています。

教えて頂きたい要点は、トレーニング中のカタボリックを抑制するという点でなら、BCAAでなくてもグルタミンで十分か?ということです。

今ホエイプロテイン、クレアチン、BCAA、グルタミンを使用しているのですが、やはりお金がきつく、どれかを辞めようと思っています。

辞めるならBCAAかグルタミンと考えており、BCAAは主にトレーニング中のカタボリックを抑制するために飲んでおり、ついでエネルギー源としても求めている感じです。

ただ、カタボリックを抑制するということなら、グルタミンは体内の全遊離アミノ酸中60%を占めているので別にグルタミンでも良いのでは?と思うようになりました。

グルタミンはコスト的にもBCAAよりは安価で、自分は体調も崩しやすいのでBCAAよりもグルタミンをとろうと思っているのですが、カタボリック抑制ならばトレーニング前にBCAAではなくグルタミンでも構わないでしょうか?


A
カタボリック抑制の目的だけなら、グルタミンだけでもいいと思いますよ(^^)


というものでした。


んー、色々な用語がたくさんてできましたね(^^;


まず、カタボリックというところからご説明したいと思います。


人の体は、「合成」と「分解」というものが全身で行われています。


わかりやすいところでは、皮膚は「表面」は垢となりなくなっていきますが、内側ではどんどんその分作られている・・・そのため一定の厚みを保っていると言えばなんとなくわかりやすいのではないでしょうか?


同じようなことが、脂肪でも筋肉でも・・はたまた身体の至る所で起こっています。


脂肪に関して言えば、摂取カロリーと消費カロリーの収支がマイナスになった時は、脂肪は「分解」されるスピードが合成されるスピードを上回って、やがてなくなっていきます。


これは「分解されるだけ」ではなく、分解と合成は常に同時に行な割れており、片方のスピードが上回って、その結果なくなっていったり、作られていくようになっています。


そして、今回のご質問にある「筋肉」も同様に「分解」と「合成」は常に同時に行われています。


ここで肝心なことは、皆さん意外に思われるかもしれないですが、トレーニングをしている時というのは、概ね「分解」のスピードの方が早いのです。


NEo8vACU.jpg-large.jpeg


この分解のスピードが早い状態の時のことを「カタボリック」と言います。


えっ?トレーニングしてるとどんどん筋肉は張ってくるから合成されているんじゃないの?と思われるかもしれませんが、それは違います。


トレーニング中というのは、明らかに、消費カロリーの方が多いものです。


この時に脂肪の分解のみならず、実は筋肉の分解のスピードも高まるのです。


そして、トレーニングをしていない時・・・いわゆる休息をしている時に、しっかり栄養をとって摂取カロリーが多い状態を作ると、その時に筋肉の合成のスピードの方が高まり筋肉は作られていきます。


これが「トレーニングだけでなく「休息」と「栄養」が、筋肉を作る時に大事である」と言われる所以です。


しかし、トレーニング中でもできるだけ筋肉の分解を防ぎたい!!と思うのが人情でしょう(^^;


そこで、色々と研究がされていて、トレーニング中にBCAAを摂取しながらトレーニングすると、筋肉の分解が抑えられるという報告が色々と上がっているのです。


そこでこのご質問者さんは「BCAAではなく、グルタミンでも大丈夫ですか?」というご質問をされているのです。


ここで正直に言わせてもらうと、グルタミンがカタボリックを抑制するのかどうかに関しては、具体的な文献を僕は見たことがありません。


ただ、ぶっちゃけ、トレーニング中のカタボリックに関しては、そこまで神経質にならなくてもいいと僕は思っています。


例えば筋トレ後にプロテインを飲む方多くいらっしゃると思います。


これは、筋トレ後に筋肉の吸収がいいときにタンパク質を摂取すると筋肉の合成が高まると言われているからです。


ただ、これにも裏情報があります。


それは筋トレ後だけでなく、普段からタンパク質の多い食事や、筋トレ後以外でもブロテインを飲んでいて、身体の中に常にタンパク質がある程度満たされている状態の方は、筋トレ後にプロテインを飲んでも、あまり効果が出ないということがあるのです。


このご質問者さんは、普段からサプリメントを定期的に服用し、プロテイン以外でグルタミンも飲んでいるような方ですので、体内のアミノ酸はかなり常に高い状態に保たれていると考えられます。


また、トレーニング中に飲むBCAAの摂取量はせいぜい数gで十分なのです。


普段から他のタンパク質で十分に体内が満たされていれば、トレーニング中の数gのBCAAの補充がなくなったから、筋肉がどんどん落ちてしまうなんてことは考えられません。


サプリメント市場は、今かつてないほど活況ですが、必要なものを必要なだけ摂取して、あとはトレーニングと休息、さらに普段の食事に十分に気をつけていれば、それで十分に効果は出るものです。


お金のある方はいいですが、ちょっと厳しい・・という方は、色々種々選択しながらうまくサプリメントを活用しましょう(^^)


色々書きましたが、よろしければご参考してください(^^)


ではでは!!!!
posted by てっちゃん at 00:21| ガチ筋トレ