2018年12月13日

筋トレは試合前何日前までに止めるべきか?について(^^)

みなさんこんばんは!


毎週水曜日は、みなさんとのやりとりを詳しくご紹介している日となっております。


今日ご紹介するのはこのようなやりとりでした。


Q
一点お聞きしたいことがあります。

普段週3回競技の練習をして、週2回トレーニングをしている場合、試合10日前からトレーニングを0にして週3回の練習のみでも試合で高い力をを発揮できるでしょうか?

ブログの内容の競技者は更に高頻度で競技練習をしているのではと気になり質問いたしまきた。


A
筋トレに関しては10日前に停止すると高いパフォーマンスが発揮できますよ(^^)


Q
やはりそうなんですね!

お忙しいところご回答いただきありがとうございます。

今後も参考にさせていただきます!


というものでした。


日々部活で頑張っている・・・という方もたくさんいらっしゃると思います。


そして、そのような方々の中には、ウェィトトレーニングも併用して行っている方もたくさんいらっしゃるでしょう。


そしてそういった方々の中には試合が控えて、ウェィトトレーニングと普段の練習をどう調整していったらいいのか?という事について、悩んでいる方もいらっしゃると思います。


今日はその点について色々とお話ししたいと思います。


試合に向けて調整していくことを「テーパリング」と言います。


これは、「削っていく」とか「尖らせていく」というような意味です。


試合に向けてのテーパリングの基本ですが、


・量は少なく


・負荷はキープする


のが、基本だと思ってください。


これと真逆なのが、


・量はキープ

・負荷を軽くする


ことです。


試合に向けていくには「疲労を如何に抜いていくか?」が最大のポイントとなります。


ここで「負荷を軽くして疲労を抜いていく」ということをしがちですが、これではダメです。


試合では高い筋出力を求められることがほとんどです。


そのため、試合近くのトレーニングはできるだけ高い出力をする事に慣れておく必要があります。


しかし、高い出力だと筋肉が疲労してしまうのではないか?と思われる方もいると思います。


そこで、「量」を少なくしていくのです。


IMG_5204.png



具体的には、普段使用している重量に関してはキープをするものの、挙上する回数を少なくしていったり、セット数を少なくしていきます。


普段から、ウェィトトレーニングに慣れている方なら、これだけでも筋肉に対する疲労をとても少なくしていくことができます。


また、実はウェィトトレーニングに限らず、他の部分でもこれは同じです。


例えば、ダッシュでも全力でダッシュはするものの、本数を少なくするとか、ジャンプでもデブスジャンプのような高強度のジャンプトレは行うものの、回数を少なくするとか・・・です。

(デブスジャンプとは、ボックスから飛び降りて着地してすぐにジャンプする高強度なジャン部トレーニングのことです)


そして、ご質問にあったようにウェイトトレーニングは試合の何日前まで行っていいのか?ということですが、一般的なスポーツの試合であれば、10日前くらいにストップした方が良いです。


これは日本トレーニング指導者協会のセミナーで、講師の方が統計を取ったところ、これくらいで(10日前)ストップした方が、体のキレも含めて、最もバフォーマンスが上がったそうです。


また、一般的でない・・つまりウェィトリフテイングやベンチプレス の大会ということであれば、もう少しだけ直近までトレーニングをしていた方がいいと思います。


こういう場合は、普段のトレーニングルーティン通りに行っていきつつ、1〜2日くらい余裕を持つくらいが無難かなと思います。


あまり普段のルーティンより空いてしまうといざバーベルを持った時に重く感じてしまう事があり、そうなると色々とまずいので・・・・(^^;


例えば普段から胸のトレーニングを中4日とかでやっているのなら、中5日開ける程度にし、さらに直前のトレーニングの回数だけを少し軽くするくらいでいいと思います。


試合に向けての調整は色々とありますが、基本を押さえておくことはとても大切です。


色々書きましたが、スポーツをしている方は、よろしければご参考してください(^^)


ではでは!!!!
posted by てっちゃん at 00:05| ガチ筋トレ