2018年12月10日

ダイエットの科学 カロリー計算なんかしなくていい! まだそんなカロリー計算やってるの?

皆さんこんばんは!


毎週日曜日はダイエットを、テーマにお届け致しております。


今日のテーマは「カロリー計算なんかしなくていい! まだそんなカロリー計算やってるの?」というテーマでお届けしたいと思います。


カロリー計算・・・していらっしゃる方いますでしょうか?


ダイエットに取り組むからには、しっかりとカロリー計算をして臨まなきゃいけない!!


真面目な方ほどそのように思われているかもしれません。


確かにカロリー計算をすることはかなり大事です。


僕たちパーソナルトレーナーは、ダイエットを目的とするクライアントさんに対して、その生活様式をアンケートで提出してもらったら、ほぼ正確にその方の一日の消費カロリーを計算できます。


また、摂取カロリーに関しても食事の写真を送ってもらえれば大体どのくらいのカロリーであるというのもある程度わかります。
(これはある程度としてか言えないです。特に油の投入量は見た目ではわからないので)


しかし、これを一般の方がやろうとするのは非常に労力が要ります。


まず、それなりの専門知識が必要ですし、計算にもかなりの時間がかかります。


そして消費カロリーはまだいいのです。


人の生活パターンというのは大抵ある程度決まったパターンで生活している方が多いので。


問題は摂取カロリーです(TT)


口に入れた食事や飲み物を、全てカロリーを算出してノートに書きとめようとする方がいますが、大抵の場合それは失敗します!!



理由は簡単です。単に「めんどうくさくなってしまう」からです。


管理栄養士さんくらいの知識があれば別ですが、毎食毎食全ての摂取カロリーを計算していくのは、相当な労力がいると思います。


僕もお客様との会話で「カロリー計算してみようと思ったんですけどだめでした」と何人かの方に言われたことがあります。


ここで、言いたいことは、「ぶっちゃけカロリー計算は、そこまで細かくする必要はない」ということです。。


カロリーを足して言って出た数値は確かに大事です。


しかし、ダイエットをしたい場合は「どれくらい今の食事からカロリーを減らせたか?」の方が大切です。


なのでまず一般の方は、次の項目「だけ」を把握しましょう。

ご飯1杯 240kcal

食パン(8枚切り)1枚 130kcal

大さじ1杯の油 110kcal。

今の食事から、上記の分だけ差し引いた食事をした場合、それを計算していけばいいのです。


ダイエットを気にするかたならこれらのものを控えようとするはずです。


例えば、ご飯を半分にすれば120kcal減らすことができたと思ってもらえればいいです。


夕食のご飯だけを抜いておかずだけ食べる食事をした場合は240kcalいつもの食事より引くことができたと計算するのです。


朝、いつもより食パンを1枚少なくしたら、いつもよりマイナス130kcal引けたと計算していくのです。


「どれくらい食べたか」を気にするのではなく「どれくらい普段の食事から減らせたか?」だけを計算していくと考えがシンブルになリます。


IMG_3730.JPG


脂肪は1kg7200kcalです。


例えば夕食の主食であるご飯1杯を30日抜くと、240×30日でちょうど7200kcalとなり、それだけであとは生活を何も変えずに脂肪1kgがなくなります。



そして変にカロリー計算に時間を割くのならその時間を外でウォーキングしている方がはるかにダイエットは成功できる確率は高くなるものです。


カロリー計算はどれくらい普段の食事から減らせたか?だけを計算しましょう(^^)


余計な計算すると疲れちゃいますので(^^)


今一生懸命カロリー計算をしていて、それがとても苦になっているという方がいらっしゃいましたら、よしければご参考にしてください(^^)


ではでは!
posted by てっちゃん at 00:10| ダイエット