2018年12月08日

歪みの科学 腸腰筋が弱いと背骨はどうゆがむの?

みなさんこんばんは!


毎週金曜日は「歪み」をテーマにお届けいたしております(^^)


今日は、「歪みの科学 腸腰筋が弱いと背骨はどうゆがむの?」というテーマでお届けしたいと思います。


今日は金曜の夜ですが、いいご質問があったので質疑応答をご紹介して、そのあと解説したいと思います。


僕のブログ記事の一文「大腰筋、腸骨筋 (まとめて腸腰筋)が伸びると、腰が丸まっていき、いわゆる「猫背」になりやすくなります。

関連記事 「猫背の人も反り腰の人も大腰筋を鍛えると改善する」について!!


に対して、このようにご質問がありました。


Qこれ、伸びると、じゃなくて緊張すると、ではないんでしょうか?

A
いえ、腸腰筋が伸びると腰が後ろの方に伸びていってしまうので、(太ももに付着している部分を基準に考える)腰が丸くなってしまいます。

Q
前傾が基本の骨盤が前傾を失い、代償的に背部(胸椎部)の後彎が強まると考えればいいんでしょうか?

A
そんな感じです。この記事を見てもらえればわかりますが、腸腰筋の起始は重心線上にあるので、腸腰筋が緩むと、前めにも後ろにも骨盤が傾く可能性があります。

また、おっしゃる通り、腸腰筋が緊張しても骨盤と大腿を近づけるのでやはり腰が丸くなりやすくもなります。この辺は色々と複雑なんです(^^;


というものでした。


ちょっと大前提のお話をすると腸腰筋とは、背骨や骨盤から伸びて太ももに付着している筋肉で、足を上げるときに使われる最も大きな働きをする筋肉です。


IMG_3021.jpg



また、背骨と骨盤をつないでいる唯一の筋肉であり、この筋肉がまるて船のマストを引っ張って支えるロープのような働きをしています。


この記事でも書いているのですが、腸腰筋が背骨や骨盤の位置から出ている位置というのは人間が立ったときの重心線の上とほぼ同じ位置にあります。


ご質問者の意図は、この位置と太ももをつないでいる筋肉が緊張すると、この2点の距離を縮めてしまうことになります。


足の位置が同じであれば、腰が前方に引っ張られる形となるため腰が丸くなるという事をおっしゃっています。


これはこれで「あたり」です。


確かにこの両点の距離が縮まれば腰は丸くなり猫背になってしまいます。


ただし、これは二つパターンがあって、腰が前に引っ張られたら、それを補おうと上体を後ろにそらしてバランスをとる場合もあります。


これだと「反り腰」になりますね(^^;


腰が前に出て、そのまま背中を丸めるとお年寄りのような猫背型を描くようになります。


しかし、ここで一つ問題があります。


腸腰筋・・・めっちゃ鍛えているという方、たくさんいらっしゃいますでしょうか?


多分あまりいないと思うのですが(^^;


そして鍛えていない筋肉は張力が弱いので伸びやすくなります。


つまり緊張して縮まるというよりは、鍛えていなくて伸びる可能性の方が多いのです。


ではこの両点が「伸びる」とどうなるのか?


これも二つのパターンがあるのです。


筋肉の付着部が重心線上にあるということは、「前」にも「「後ろ」にもずれる可能性があるのです。
(ここめっちゃ大事!!)


もしこれが「前」に伸びてしまったら、腰が前にスライドしていくことになります。


これだと先ほどの緊張した状態と同じように腰が前にスライドするため。反り腰になるか、そのまま背中を丸めて猫背になるかのいずれかになります。


次に骨盤が後ろに倒れた場合、これは明らかに重心を保つため上体を前に倒してバランスをとることになります。


つまり完全な猫背です。そして恐らくはこのパターンの方が多いと考えるのが自然だと思います。


腸腰筋の張力と骨盤の位置、そして背骨の位置は密接に絡み合っています。


色々バターンが考えられますが、このケースもある一例くらいに捉えておいていただくと良いと思います。


ちよっと複雑な話でしたが、よろしければご参考に(^^)


ではでは!!!
posted by てっちゃん at 00:03| ゆがみ