2018年10月05日

「おしゃべりすると疲労がとれる!!!!」について

みなさんこんばんは!


今日は「おしゃべりすると疲労がとれる!!!!」について、というテーマでお届けしたいと思います。


いきなりなテーマですが(^^; おしゃべりをすると疲れがとれる?なんて言ったら、「いやいや、喋っていたら普通疲れるでしょ!!!」なんて思われる方もいらっしゃるかもしれません。


しかし・・・・しかしです。


実はこれ本当なんです!!!


昔、子供の頃によく言われませんでしか?


一つのことに集中しなさい!!・・・・と・・・・


実はこれですね・・・疲労の観点から言うとあまり良くないんです!!!


いやいや、集中している方が他の余計なことをしないから効率がいいんじゃないの?とも思われるかもしれないですが・・・・


実は一つのことに集中すると、脳の中の一部分の神経細胞を使い続けることになります。


すると、脳の一部だけが疲れを発症しやすくなってしまうんです。


IMG_3410.jpg



それよりは、むしろ二つ、三つのことを同時にこなしている方が脳は疲れないのです。


なんか、いくつものことを同時にこなした方が疲れづらいなんて不思議な感覚ですよね(^^;


もちろん、限度というか、適正な範囲はもちろんあります。


脳には複数の作業を同時に処理できるために、「ワーキングメモリー」というものがあります。


ワーキングメモリーとは、短期的な記憶をする脳の領域のことです。


簡単にいうと、ラジオを聴きながら読書をしたりするなどの、情報を一時的に保ちながら、他の情報処理も可能にする、マルチタスクの力のことです。


複数の複雑な作業をこなす・・というよりは、もっと軽い、音楽を聴きながら作業をしたりするような感じだと思っていただければいいと思います。


このブログを読んでいらっしゃるような方々ならば、ウォークマンで音楽を聴きつつ、走ったり、筋トレをしたりと言った方が馴染みが深いかもしれません(^^)


そして、このワーキングメモリーの能力を向上させるには、多くの方と積極的に話をすると良いのです。


相手の話を聞きながら、次に自分の話すことを考えることこそワーキングメモリーのトレーニングには最適なのです。


そして、このおしゃべりをしながら、作業をすることも実は疲労の軽減に役立ったりします。


例えば、車の運転を例に出してみましょう。


音楽も何もかけない状態で長時間運転する・・・・・


疲れて眠くなっちゃいますよね(^^;


これにお気に入りの音楽をかけながら運転をしたらどうでしょう?


ノリノリな気分になって疲れを感じずらく、より長い時間運転できるのではないでしょうか?


さらに、話の合う人とおしゃべりしながらの運転ではどうでしょう?


例えば付き合いはじめの彼女とおしゃべりしながらお気に入りの音楽をかけてドライブしている姿を想像してみましょう!


いやー、何時間でも時を忘れて運転できそうじゃないですか?(^^)


これが、脳の一部を集中して使い続けることと、いくつかのタスク(作業)を同時にこなしながら祖業をすることの疲労の感じ方の違いです。


また、おしゃべりをしている方が、人間はリラックスしやすいというテータもあるんです。


なので、静かに一つの事に集中して作業を行うことも確かにいいのですが、実はいくつかの刺激を脳に与えながら作業をした方が疲労を感じずらく、効率的である側面もあるんです。


なかなか、一つのことに集中している時間が長く続かない・・・・なんて方は、ちょっと人とおしゃべりをしたり、音楽をかけたりして作業をしてみてはいかがでしょうか?


トレーニングしている時なんて特にそうかもしれないですよ?


気の合うトーニング仲間と励まし合ったりおしゃべりしながらトレーニングしたら、いつもよりたくさんのトレーニングをできて効果が上がるかもしれません。



色々書きましたが、よろしければご参考にしてください(^^)



ではでは!!!!

posted by てっちゃん at 00:06| 疲労