2018年07月06日

回復の科学「スーパーフード 「アサイー」「カムカム」について」

みなさんこんばんは!


今日は、「スーパーフード 「アサイー」「カムカム」について」というテーマでお届けしたいと思います。


スーパーフード・・・・サプリなどではなく、天然の食材なのですが、栄養価の非常に高い食材のこと を言います。


そして、その栄養価も、スーパーフードによって色々と特色があるのですが・・・


今回ご紹介する「アサイー」は、「抗酸化能力」に非常にすぐれた食材です。


抗酸化能力とは、酸素を消費していく中でどうしても全体の2〜3%ほど発生してしまう「活性酸素」に対して効力を発揮する能力のことです。


この活性酸素は、健全な細胞を攻撃して、身体を錆びつかせてしまうもので、これに対する能力があるということは、そのまま「アンチエイジング」につながるものだと思ってください。


今回ご紹介する「アサイー」ですが、原産は赤道直下のアマゾン川流域だそうです。


どうやって採取してくるのか非常に気になるところではありますが(^^;


この「アサイー」には、抗酸化栄養素の代表である「ポリフェノール」「アントシアニン」が豊富に含まれています。


スーパーフードの特徴として「少量」で「豊富な栄養」を含んでいるのが特徴です。


「アサイー」に関しては、わずか5gの中にポリフェノールを205mg含まれています。


IMG_4923.jpg



アントシアニンに関しては、同じく5g中55mgとなっています。


一般的にボリフェノールの多い食品とその含有量についてご紹介します。


コーヒー 200mg

緑茶  115mg

紅茶  102mg

赤ワイン 200〜300mg


となっています。


注目すべきは、これらの量は100mlに含まれている量だということです。


つまりこれらは100gに含まれている量なのに対して、「アサイー」に関してはわずか5gで同程度のボリフェノール含有量を持っているという点が特徴的であると言えます。


見た目の色は濃いですが、糖質は少なく、甘み、香りも気薄なため、他のフルーツと一緒にシリアルやドリンクに加えて飲むのが勧められています。


さらに、成分をロスしないために非加熱メニューでいただくのがベストです。


さして、この「アサイー」以上のまさに「スーパー」なボリフェノール含有量を誇る「スーパーフード」があります。



それは・・・・「カムカム」です。


カウカウじゃないですよ(^^;


南米の熱帯雨林で川辺や湿地帯に育ち、赤い身をつける植物です。


IMG_4924.jpg



この植物・・・何と全植物中最もビタミンCの含有量が多い植物なんです。


その含有利用は、5g中、何と550mg!!!!


これ、結構すごい数字です。


マルチビタミンのサブリメントとして最も有名なのは大塚製薬のネイチャーメイドシリーズだと思いますが、このマルチビタミン2錠で得られるビタミンCは、150mgです。



その4倍のビタミンCをわずか5gの「カムカム」で得られるのですから驚きです。


さらに・・・・ポリフェノール・・・これがまたやばいです。


同じく5g中、何と2800mgの含有量を誇ります。


「アサイー」も少量で十分なポリフェノールを含有量があるのですが、なんとその14倍ものボリフェノール含有量を誇るのです。



まさに「スーパーフード」と言って過言ではないでしょう!!!


酸味が非常に強いようですが、乾燥させた粉末は、スムージーやヨーグルトに混ぜると良いです。


アンチエイジングを目指すなら、ちょっと頭に入れておきたいスーパーフード!!



よろしければご参考にしてください(^^)


ではでは!!!



posted by てっちゃん at 00:04| 疲労