2018年06月29日

スーパーフードって知ってる?

みなさんこんばんは!


今日は「疲労回復」をテーマにお届けいたしております。


今日は、「スーパーフードって知ってる?」というテーマでお届けしたいと思います。


スーパーフード・・・・サプリメント?なんて思う方もいらっしゃるかもしれませんが、違います(^^;


サプリメントは加工品ですが、スーパーフードとは、天然の食材です。


そして、「スーパー」と名がつくとおり、一般の食材とはまた違った効能を秘めている食材のことを言います。


しかも、その特徴は「非常に少量」で、いろいろな栄養分を含んでいるところにあります。


そんな、食材があるのか?と思われるかもしれませんが、今日ご紹介するのは、普段あまり聞きなれないものばかりだと思います。


そして、そんな普段耳慣れない食材「スーパーフード」の中でも、今日は「抗酸化能力」に優れた食材を中心にご紹介したいと思います。



まず、今日ご紹介するのは、「スピルリナ」です!!


・・・スピリチャルとかじゃないですよ(^^;


精神的なものではなく、れっきとした「食材」です(^^;


スピルリナ・・・・どんな食材かというと、 基本的には「藻」です。


IMG_4913.jpg



「単細胞らせん状藍藻」と言われるもので、地球上になんと30億年前にすでに出現していたとのこと・・・・


んー、なんか・・・生物的にも大先輩でもあります!!!!


まず、その特徴ですが、なんと言ってもたんばく質含有量の高さです。


スピルリナ5g中たんばく質が2.75〜3.5g含まれています。


天然のものでこれだけたんばく質の含有量が高いものは非常に珍しいでしょう。


肉や魚と言ったたんばく質多い食品でも、たんぱく質含有量はせいぜい20%です。


60%〜70%のたんぱく質含有量というのは、もうほとんどプロテインと同じです。


そして、他の栄養素の含有量もすごいのです。


同じく5gのスピルリナに含まれている栄養は


カルシウム 55mg

鉄分  4.5mg

β-カロテン 9250μg

ビタミンB1 0.16mg

ビタミンB2 0.2mg


となっています。


これは、一般的な緑黄色野菜100g、と淡色野菜200gを比較してみると

左数値 緑黄色野菜100g  右数値 単色野菜200g 

カルシウム 58mg 54mg

鉄分  1.1mg 0.6mg

β-カロテン 2770μg 204μg

ビタミンB1 0.08mg 0.08mg

ビタミンB2 0.11mg 0.06mg



と、とても、5g対100g対200gの対決とは思えない内容となっています。


そして、何より特徴的なのが、 アンチエイジングに不可欠な抗酸化能力です。


ファコシアニンという抗酸化物質が5g中0.175〜0.5g含有されています。


抗酸化能力とは、体内の老化を進める原因である活性酸素に対して働きかける物質です。


自生しているメキシコシティー一帯では過去数千年の間、貴重なタンパク源として愛用されていたようです。


ただし、「藻」独特の臭みはあるので、カレーや納豆のように主張が強かったり粘り気のある食材にちょい足し気味に使用していただくように使用しましょう(^^)


この辺は少量でも十分に栄養価の高い食材の特徴を活かした活用法でもあります。


栄養価が少量でも高く、アンチエイジングにも効くスーパーフード「スピルリナ」ですが、流石に八百屋さんとかには売っておらず、入手法としては通販になると思います。


ご興味のある方は、よろしければぜひご参考にしてください(^^)



ではでは!!!!
posted by てっちゃん at 12:35| 疲労