2018年05月18日

「睡眠不足」に対しての栄養対策

みなさんこんばんは!


今日は「睡眠不足の方のための栄養対策」というテーマでお届けしたいと思います。


このブログを読んでいる方の中には。「最近疲れているなあ」と感じる方もいらっしゃるのではないでしょうか・


しかし、その疲れにしても原因は様々だと思います。


仕事が忙しい・・・睡眠不足・・・はたまた体力の低下が原因だったり・・・


中にはそれらの原因が複数重なっている方もいるでしょう。


今日はそんな疲れの原因に対して「タイプ別の栄養対策」というテーマで書いてみたいと思います。


もちろん栄養不足も疲労の原因の一つとなり得ると思います。


そして疲労回復のために非常に重要な役目を果たすのも栄養であることは間違いありません。


しかし、疲労の原因によって取るべき栄養が違う・・・・そういう観点をお持ちの方はとても少ないと思います。


今日はまずは、疲労の原因が「睡眠不足」であるという方に対しての栄養対策を簡単にご紹介したいと思います。


IMG_3515.JPG



なかなか、働き盛りの方だと、仕事も遅くまでやり睡眠不足に陥っているという方もいるでしょう。



学生さんも勉強・・・というより、友達と夜中までラインしていたり、YouTube見てたりゲームだったり・・・・まあいいでしょう(^^;


なんだかんだと寝るのが遅くなり睡眠不足になっている方は日本中にあふれていると思います。



そんな方はどんな栄養をとべきなのか?というと・・・・


※ ビタミンB1

※ ビタミンB6

※ ビタミン B12


というビタミンです!!


ビタミンB1は、脳の神経の働きを活発にする働きがあります。


ビタミンB6は、セロトニンという神経の伝達物質の合成に関わるビタミンです


ビタミンB12は、神経や脳機能を正常に保つ働きを保つビタミンです。


睡眠不足の方には、こういう神経をしっかり保つ栄養を摂取する必要があります。


ビタミンB1は、豚肉や大豆に大き含まれています。


ビタミンB6は魚、肉、レバーに多く含まれています。


ビタミンB12はシジミやハマグリ、などの貝系に多く含まれています。


もう一つ、睡眠不足だけど運動不足にならないようにジムに通っている・・という方いらっしゃるのではないでしょうか?


うちのジムにも「仕事忙しくてあんまり寝てないんだよねえ」と言いながらフリーウェィトをしていたり、あと看護師さんとかに多いのですが、夜勤明けにそのままジムに来るという強者もいたりします(^^;


睡眠不足だとどうしても筋肉の成長に大きく関係する「成長ホルモン」の分泌が滞ったりします。


そういう方はアミノ酸系のサブリメントをとりながら運動するのも良いでしょう。


オルニチンやアルギニンというアミノ酸に特化したサプリメントも最近は出ていますが、これらは成長ホルモンの分泌と関係しているアミノ酸です。


もし、睡眠不足だけどジムには通いたいという方は一考してみるのもいいかもしれません。


ただし、個人的には睡眠を削ってまだジムに来るのはちよっとお勧めできないので、サプリを飲んだから大丈夫というようには思わないで、できるだけ睡眠は確保してもらいたいなと思います。


あんまり無理はしないようにしてくださいね(^^;


よろしければご参考に(^^)


ではでは!!!!
posted by てっちゃん at 00:07| 疲労