2018年05月04日

疲労回復能力を向上させるトレーニング法

みなさんこんばんは!


今日は「疲労回復能力を向上させるトレーニング法」というテーマでお届けしたいと思います。


毎日ジョギングを頑張っている!!


週に3回ジムで筋トレをしている!!


ヨガスタジオで、ヨガを頑張っている!!!


週末は友達とフットサルを楽しんでいる!!


色々な形で皆さん身体を動かしている方多いと思います!!(^^)


仕事の疲れも、趣味で身体を動かせば吹っ飛んじゃう!!!


そんな方も多いでしょう(^^)


しかし、仕事もトレーニングもがんぱっていると、真面目な方の中には知らず知らずのうちに疲労が溜まってしまって、いつの間にか、肉体的にも精神的にもオーバートレーニングに陥ってしまう・・・


そんな方もいらっしゃるのではないでしょうか?


そんなこと言ったって、トレーニングすれば当然疲労も溜まるし、いっそトレーニングなんてしなければいいってこと?


そんな風に思われるかもしれません(^^;


もちろん、疲労が溜まっているなと感じた時には思い切ってトレーニングを押すむことも大切です!!


疲労が溜まった状態でのトレーニングは、トレーニングの質が悪くなるので、かえってパフォーマンスの低下や、下手をすると怪我に繋がったりします。


それはそれでとても大切なことなんですが、実は「疲労回復能力を向上させるトレーニングがある」と言われればどうでしょう?


もともと、人間には疲労を回復させていく能力は備わっていますが、その能力がトレーニングにより向上するとしたら・・・・


よく、アクティブレストと言って、少し身体を動かすことによって血流を促し、代謝を上げて疲労回復を狙う方法がありますが、それとは根本的に違います。


疲労回復する「能力そのもの」を向上させるトレーニング・・・


そんな都合のいいものがあるのか?ですが・・・あるんです!!


IMG_4253.jpg



どんなトレーニングかというと、目新しいトレーニングではありません。


皆さん耳にしたことが一回くらいはあるトレーニングです。


それは・・・インターバルトレーニングです!!!


インターバルトレーニングって、強い強度と弱い強度のトレーニングを交互に繰り返して行うあのきついトレーニング? と思う方いると思いますが・・・・


はい(^^)まさにそのインターバルトレーニングのことです!!!


あくまで「疲労回復を図るトレーニング」ではなく、「疲労回復の能力向上のためのトレーニング」なので、疲労回復系のゆるいトレーニングではないんです(^^;


最近では「HIIT}」と言って、めっちゃ高強度なトレーニングと短時間のインターバル(休息)を繰り返すトレーニングが巷で流行っていたりしますが、もちろんそれでもOKです。


では、なんでインターバルトレーニングが疲労回復の能力向上に効果的なのか?


人は、その細胞の中に「ミトコンドリア」というものがあります。


これは「エネルギー」を作っているところだと思ってください(^^)


インターバルトレーニングを行うと、この「ミトコンドリア」が細胞の中で増えるという研究結果があるんです!!


もう少し詳しく話をすると、ミトコンドリアの産生を促す、PGC-1αという物質がインターバルトレーニングによって増えるのです。


すると、細胞内でより多くのエネルギーを獲得できる身体になるわけで、より多くのエネルギーを作ることができれば疲労もより早く回復できるという寸法になります(^^)


また、インターバルトレーニングは、心臓の一回の拍出量の増大もおきます。


心臓が拍出する血液の量が増えれば、それだけ酸素や、栄養素を身体に送る能力が向上するわけですから、当然疲労回復の能力も向上します!!


ただし、インターバルトレーニングというのは強度の高いトレーニングでもあるので、あまり頻繁にやると、かえって疲労の蓄積を招きかねません。


最初のうちは週に1回程度行い、そのトレーニングなれたら、週に2回くらいを目安に行うと良いでしょう(^^)


自分の身体の疲労回復の能力そのものを向上させたい!!という方は、よろしければご参考にしてください(^^)


ではでは!!!!
posted by てっちゃん at 00:02| 疲労