2018年04月11日

「チューブで体幹を鍛える」トランクローテーション編

みなさんこんばんは!


今日は「チューブで体幹を鍛える」というテーマでお届けしたいと思います。


チューブ・・・・エラスティックバンドとも言います!


このブログを読んでいただいけている方の中にも、チューブを使って普段トレーニングをしている!!


という方も多いのではないでしょぅか?(^^)


前回は、このチューブを使った体幹トレーニングをいくつかご紹介しましたが、今日もちょっとご紹介いたしたいと思います。


まず、チューブをどこかの柱に取り付けます!!


取り付ける位置は自分の胸の高さにしましょう!!


次に、チューブを取り付けた位置に対して「真横」を向きます。


そのまま、チューブを両手で持ちます。


身体をひねりながら取り付けた箇所の方向に身体をひねりながら腕をまっすぐ前に伸ばします。


下半身はそのまま固定して、上半身をひねりながら反対方向に上半身をひねっていきましょう!!


トランクローテーションという運動です(^^)



マシンでやる場合は、動作中の負荷は変わりませんが、チューブで行う場合は伸ばしていけばいくほど負荷が強くなっていきます。


この場合もひねっていけばいくほど負荷が強くなっていきますので、結構きついかもしれません(^^;


この運動のポイントは


・腕だけでチューブを持ってこない


・骨盤もできるだけ固定して、体幹をひねる力だけで動作する


と言うのがポイントです(^^)


次に、このトランクローテーションのバリエーションエクササイズをちょっとご紹介させていただければと思います!!



簡単です!!


トランクローテーションの場合、先ほど述べたように、取り付ける位置を「胸の高さ」にセッティングしま下が、この「取り付け高さ」に変化を加えます。


例えば、取り付ける位置をかなり低くして見ます。


この低い取り付け位置から「斜め上」に向かって、トランクローテーションをするのです。


身体は多少傾いてしまってもOKです!!


まっすぐ身体をひねるときと違い、いろいろな筋肉が一斉に動員される感じがわかっていただけると思います(^^)


IMG_4637.jpg



また、この写真のように、ちょっと体重移動を伴ったり、腕の曲げ伸ばしが入ってもOKです!!!


こう言うトレーニングは、純粋に体幹部「だけ」を鍛えるというより、全身の力の入り方のコーディネーションを狙うトレーニングである性格が強いです。


そのためには、「1箇所」だけ動かすのではなく、いろいろな場所を動員しながらトレーニングする方が効果的です(^^)



また、取り付け場所が「下」のケースがあれば、当然「上」のケースもあります!!


この場合は、「上から、下に向かって」身体をひねっていきます!!


これもですね・・・やってみるとわかりますが、いきなりいろいろな筋肉を使うのがわかります(^^;


やっばり形的には、多少身体が斜めになってもOKです。


斜め上から斜め下に関しては、多少腹筋を屈曲させながら行うと、とても「お腹に効いている」という感覚を得られるでしょう(^^)


チューブは持ち運びや取り付けが容易な為、取り付けられる柱一本あれば、その取り付け位置の高さを変えて、身体をひねることによって、体幹のいろいろな部分を刺激してあげることができます。


ぜひ色々と工夫して、体幹部分にいろいろな刺激を与えて見ましょう(^^)


よろしければご参考に(^^)


ではでは!
posted by てっちゃん at 00:30| 体幹