2018年04月04日

チューブで簡単に体幹を鍛えよう

みなさんこんばんは!


今日は「チューブで簡単に体幹を鍛えよう」というテーマでお届けしたいと思います。


チューブ・・・・エラスティックバンドとも言います!


このブログを読んでいただいけている方の中にも、チューブを使って普段トレーニングをしている!!


という方も多いのではないでしょぅか?(^^)


しかし、おそらくですが、そのトレーニングの方法とは人によってまちまちだと思います。


というのも、チューブを使って直接バーベルやダンベルの代わりにトレーニングをしている・・・


という方もいると思います。


また、チューブの特性である、


・どこにでも設置できる


・持ち運びが簡単


・色々な方向に引く事ができる


という長所を生かして、やっている競技のフォームを模しながらその動作にチューブの負荷をかけてトレーニングしている方もいるでしょう。


はたまた、肩のリハビリをしている方はチューブを使った肩のインナーマッスルのトレーニングをしている・・もしくは予防のためにしているという方もいると思います。


そうやって皆様は様々な形でチューブトレーニングをしていると思いますが・・・


しかし、今日のテーマは「体幹」です!!


体幹をチューブでトレーニングする・・・・


ちょっと想像つかない方も多いのではないでしょうか?(^^;


今日は手軽に行えるチューブを使った体幹トレーニングを色々とご紹介したいと思います。


まず、最も手軽なのは、足にチューブを巻いて片足でのニートゥチェスト・・もしくはレッグレイズでしょう。


動作は簡単です!



ニートゥチェストの場合は、足・・と言っても足首や膝ではなく、足の甲と足の裏をチューブが回るように巻きます。


仰向けに寝て、チューブを爪先方向からおけばそれだけでOKです。


そのまま・・・片足で腿上げをします!!


IMG_4641.jpg



まさに読んで字のごとく膝を胸に近づけるイメージであげていきましよう!!


もう片方の足にチューブがかかっているので、そのまま足を上げていけばいくほど下腹部に負荷がかかります。


次に、レッグレイズに関しては、仰向けに寝て足首にチューブを回すようにします。


そのまま片足を伸ばしたまま足を上げていきます。


チューブの強さにより上げられる足の高さが変わりますが、結構きついトレーニングです!!


ニートゥーチェストも片足レッグレイズも、片方やったら、もう片方も上げいくようにします。



あとは、ちょっと変わった種目もご紹介しましょう!!(^^)


まず、チューブを両足で踏むように立ちます。


そのまま片足を横に上げ、そのまま足を回します。


チューブは足の甲に巻くようにしましょう!!!


上半身がかなりふらふらしますので、椅子の背もたれか、壁に手を当てて上半身を安定させて動作しましょう!!


IMG_4639.jpg


このトレーニングは腸腰筋、中臀筋をはじめとする股関節周りの色々な筋肉を鍛えるとても珍しい種目です。


よろしければチャレンジしてみてください(^^)


ぜひご参考に(^^)


ではでは!
posted by てっちゃん at 00:09| 体幹