2018年04月25日

チューブで体幹と肩甲骨を連動して鍛えてみよう!!

みなさんこんばんは!


毎週火曜日は「体幹」をテーマにお届け致しております。


今日は「チューブで体幹を鍛える」というテーマでお届けしたいと思います。


チューブ・・・・エラスティックバンドとも言います!


このブログを読んでいただいけている方の中にも、チューブを使って普段トレーニングをしている!!


という方も多いのではないでしょぅか?(^^)


最近の体幹をテーマにした回は、このチューブを使った体幹トレーニングをご紹介しますが、今日もちょっとご紹介いたしたいと思います。


今日はこのバンドを使って、体幹は体幹でも「肩甲骨周辺とウエストを同時に鍛えていく」エクササイズをご紹介したいと思います。


腕というのは、身体の「肩甲骨」に繋がっています。


そして肩甲骨は、基本6方向に動きます。

・上昇(肩をあげる(すくめる)

・下制(肩を下げる)

・内転(肩甲骨を内側に寄せる)

・外転(肩甲骨を開く(猫背のようになる))

・上方回旋(万歳すると同時に回転しながら上がる)

・下方回旋(上方回旋から元に戻る)


です(^^)


スポーツをしたりしていると、この「肩甲骨」と「体幹」を「同時に動かしながら」パワーを発揮するシーンは、枚挙にいとまがないほどたくさんあります。


また、そういう動作に対しての負荷の掛け方のアプローチも実はやりようによっては多彩なのです。


ダンベルやバーベルは、負荷のかかり方は動作中常に一定ですが、床と垂直方向にしか負荷をかけられず、自分の体勢を色々とそれに合わせて変えていかなければなりません。


マシンは途中にある「カム」という滑車の形状を変化させて、負荷のかかり方を常に一定にしたり、わざと人為的に変化させたりすることもできます。


それに対してチューブは「伸ばしていけばいくほど負荷が強くなる」という特性を持っています。


また、持ち運びが簡単で、どこにでも気軽に取り付けられるという特徴があります。


これらを色々と組み合わせて多彩な負荷の掛け方をして、筋肉を多彩に刺激してあげることはとても有効です。


今日はその中で「チューブ」をどう使うか?ですが・・・


まず、チューブをどこか下の方に取り付けます。


その取り付けた場所に対して、少し横、もしくは斜めにスタンスをとります。


取り付けた位置と遠い方の腕でチューブを持ちます。この時身体はチューブの取り付けた方に捻られ、背中も広がる(猫背気味になる)はずです。


ここか、身体をひねりながら、広がった肩甲骨を狭める(猫背の体勢から胸を張るように)ようにして、チューブを引いていきます。


下方向についているので、肩甲骨は「斜め上」の方に引きながら、体幹も水平というより少し斜めに軸をずらしながら捻られていくと思います。


はい(^^) 色々複雑に身体を動かしながら刺激をしてあげることができます(^^)


IMG_4638.jpg


もちろん取り付け位置を変化させて色々とトレーニングしていくことも可能です。


取り付け位置をもっと高くして、より水平に身体をひねりながら、肩甲骨も水平に引き寄せるようにして刺激を与えてあげることもいいでしょう。


また、取り付け位置をより高くして、「斜め下」に引きながらひねって刺激を与えることも可能です。


動作的にはダンベルでのワンハンドダンベルローイングという種目の動作に近いですが、この種目は身体を前方に倒して動作するエクササイズになります。


これらのエクササイズは「立った状態」で、「体幹をひねり」「肩甲骨を稼働させる」エクササイズです。



スポーツに役立てたいトレーニングは、「立位で行う」ことはとても大切です。


なぜならほとんどのスポーツは「立って」行うからです。


立った状態でいかに身体の各所に力を効率的に入れられるかは、普段から立った状態でいかに刺激を与え、それに慣れておくということはとても大切です


ぜひスポーツをしている方はよろしければご参考にしてください(^^)


ではでは!


今日の日記ブログはこちらから(^^)
おじさんトレーナーの悪戦苦闘の日々
あの頃はロマンに満ち溢れていたように思います
posted by てっちゃん at 00:03| 体幹