2018年03月17日

足裏の重心に意識を向けてみよう!!

みなさんこんばんは!!


今日は「足裏の重心に意識を向けてみよう!!」というテーマでお届けしたいと思います。


身体が歪んでいるかも・・・


とチッョト不安な気持ちを持っている方はとても多いと思います。


実際のところ、「身体が全く歪みがない」という方はほとんどいないと思ってもらっていいと思います。


誰にでも歪みはある・・・しかし肝心なのは、その「程度」の問題です。


そんなに歪んでいない・・将来にわたってそれで痛みなどが出ないということであれば、まあ基本的にOKな範囲です。


問題は身体の歪みが原因で「痛みが出る」という場合です!!


痛いのは・・・・嫌ですよね(^^;


では身体の歪みのスタート地点てご存知でしょうか?


骨盤? 体幹? 膝?


・・・これですね・・・「足の裏」なんです。


IMG_4615.jpg



足の裏にはいくつかのアーチがあります。


かかとから母指球に渡る、通称「土踏まず」と言われるアーチ、


かかとから、小指の付け根に渡るアーチもあります。


そして、母指球と小指の付け根に渡るアーチの3つのアーチが三角形をなし、これらのアーチがたわむことによって、着地の衝撃を吸収したりしています。


IMG_4616.jpg



このアーチに左右差があると、そこから徐々に上に向かって歪みが広がっていく・・・


という感じで捉えていただければほとんど間違いないと思います。


で、今日はのその「アーチ」ではなく、三角形の「角」の部分!!


つまり、「かかと」と「母指球」と「小指のつけ根」に着目してお話ししたいと思います。


人の身体の足の裏の重心点って、この3点を中心にして色々と動いています。


例えば歩いているときは、かかとから着地して、重心はそのまま足の裏の外側を通って小指の付け根に移動し、その後母指球に移動して抜けていきます。


でも普段はあまり、「足の裏」なんて意識しないですよね(^^;


この3点を意識しやすくするためのドリルを今日はご紹介したいと思います。


まず、「かかと」で立ってみてください。


重心点はもちろんかかとになると思います。


ここから両足の重心点を「小指の付け根」に移動させてみましょう!!


ちょっと「ガニ股」っぽくなると思います(^^)


次に、母指球に重心を乗せて立ってみます!


これを「かかと」→「小指の付け根」→「母指球」と、くるくる区と足の裏を回るように重心が乗るところを変えてみます。


これをくるくると移動させていると、「3点」の重心の乗るポイントがはっきりと意識しやすくなると思います。


次に、今度は右足は「かかと」→「小指の付け根」→「母指球」と重心の移動させるのですが、左は、「かかと」→「母指球」→「小指の付け根」と移動させます。


より、足の裏の重心点がくるくると回るように移動するのがわかると思います。


・O脚のかたは小指の付け根に、

・X脚の方は母指球に

・猫背の方はかかとに


それぞれ重心がかかっていることが多いです。


この「足の裏の重心ポイント」を意識しやすくするドリルをした後に、それぞれ


・O脚のかたは母指球に、

・X脚の方は小指の付け根に

・猫背の方は母指球と小指の付け根の両方に


それぞれ重心を乗せるように立っていただくと良いと思います。


足の裏のどこに重心をかけるのか?で、身体の歪みに対してのアプローチにつながることがあります(^^)


よろしければご参考にしてください(^^)


ではでは!!!


今日の日記ブログはこちらから(^^)
おじさんトレーナーの悪戦苦闘の日々
悲劇は始まります。
posted by てっちゃん at 02:47| ゆがみ