2017年10月26日

腹筋100回やってもお腹が痩せない理由について!!!

みなさんこんばんは!!


今日はみなさんとのやりとりについて詳しくご紹介している日となっております。


今日は久々にこの話題で書こうかなと思います。


ジムでよーくあるやり取りです。ご紹介するのはこのようなやり取りです。


Q
最近下っ腹に脂肪がついちゃって困っているんです。

何かいい体幹トレーニングありませんか?


A
体幹トレーニングもいいいですが、基本的に体幹トレーニングでは脂肪は燃えないですよ?

それよりも有酸素運動をたくさんやったり、筋トレに関しても体幹もやりつつ、もっと大きな筋肉を中心に筋トレをして言った方がいいですよ(^^)


Q
でも、このウエスト捻るマシンとかやれば、ウエスト細くなるんじゃないの?


A
使った場所と、脂肪が落ちる場所はほとんど関係がありませんので、あまり気にしなくていいですよ?


Q
ほんとですか?


A
本当です!!(きっぱり)


という感じのやり取りは、マシン指導を1週間やっていれば、必ず1回くらいは行うやり取りです。


これツイッターでつぶやいても、結構毎回反響大きいですよね(^^;


以前に何回も書いていますが、ここ2年以上このテーマに触れていない気がするので、久々に書いてみようと思います。


まず、腹筋で脂肪が燃えない理由ですが、脂肪がなくなる絶対的な条件は、「一日で摂取するカロリーの合計」と「一日で消費するカロリーの合計」で、「消費するカロリーの方が多い」ことが絶対条件です。


そして、その幅も決まっていて、脂肪を1kgなくすのに必要なのは7200kcalとなります。


例えて計算すると、1日に口から入ったカロリーの合計が2720kcalだったとします。
(食べ物、飲み物全て合計)


それに対して24時間の消費カロリーの合計が2000kcalだったとしましょう!!
(寝ている時から日常生活全ての合計)


これだと一日に720Kcal多く摂取したことになりますよね?


すると・・・その日に100gの脂肪がついてしまうのです(^^;


これを10日間行うと1kg、30日間続けると3kg脂肪が増える計算になります。


720kcalというのは、コンビニ弁当1食分くらいです。


毎日夜中にコンビニ弁当1食余計に食べ続けたら1ヶ月で3kgくらい太っちゃいますよね?(^^;


そのメカニズムがこれだと思ってください。


逆に、一日で消費するカロリーが、摂取するカロリーよりも720kcal少なければ、1日で100gの脂肪がなくなります。


これを10日間行うと1kg、30日間続けると3kg脂肪がなくなる計算になります。


これは体重60kgの人が、朝、昼、夜、1時間のちょっと早歩き(ウォーキング)をしてもらえるとちょうどこの消費カロリーとなります。


これを1ヶ月やり続けると1ヶ月で3kg脂肪が減るのです。


朝昼夜1時間というとちょっと大変かもしれませんが、これくらい頑張ると1ヶ月3kgという雰囲気もなかなかリアルなのではないでしょうか?(^^;


振り返って、腹筋ですが・・・


例えば腹筋を100回行ったとします。


一般の方には結構大変な数ですよね(^^;



IMG_3359.JPG


1分間でだいた20回は行えます。


100回だと、5分です(^^)


これ消費カロリーにするとですね・・・


体重60kgの方が、いっても50kcalが精一杯です。


そう、「5分」てところが問題なんです(^^;


時間が短い場合、その間にどんなきつい運動をしても消費できるカロリーというのはたかが知れてしまうのです。


それなら、ゆるい運動でいいので長い時間行っていただく方がよっぽどカロリーは稼げます。


もう一つ、「使った場所」と「脂肪が落ちる場所」は違うについてお話をします。


脂肪は「燃える」というよりは、「溶ける」が正解です。


何に溶けるのか?というと、脂肪は「血管」に溶けて行きます。


血の中の血糖値が低くなると、グルカゴンというホルモンで出て、血管の周りにある脂肪を血管に引き入れて、肝臓や筋肉に運んで代謝させるのです。


では・・・


腹筋をすれば、腹筋の周りだけ血糖値が低くなるのか?


んなわけありません!!!


IMG_3186.jpg



血管の中の血は、心臓のポンプ作用によって、かなりのスピードで全身の体内を駆け巡ります。


さっきまでお腹にあった血はすぐに別の場所に運ばれていってしまいます。


腹筋している間に、そこにあった血はもう別のところに移動しているのです(^^;


なので腹筋していて、その場所「だけ」血糖値が下がるなんてことはないのです。


川の流れの中で、とある一部だけ(ある橋の下だけとか)、濁りも何もない綺麗な水にするなんてできないですよね(^^;


血が流体である以上、特定の場所だけ血糖値を下げ、脂肪を落落とすなんて現象も起こるわけがないのです。


お腹の脂肪を落としたいという気持ちはよくわかります。


その場合は「まず腹筋」をするのではなく、「まず有酸素運動」を行うように心がけてください(^^)


よろしければご参考に(^^)


ではでは!!

posted by てっちゃん at 00:05| ダイエット