2017年10月09日

ダイエットから見た・・「かつ丼」について

みなさんこんばんは!


今日は「かつ丼」についてお話ししたいと思います。


先日テレビで見たのですが、ここ数年カツ丼市場がめちゃくちゃ伸びているというニュースが出ていました。


IMG_3829.JPG



そして、それは今後も続くという見通しらしいのです。


確かに、街中を見ていると確かにここ数年、カツ丼チェーン店を眼にする機会が増えたなと思います。


でもこの傾向・・・ダイエット的には・・・


もちろん流石にオススメできない流れではあるんです。


今日はそのへんについて色々とお話ししたいと思います。


まず、カロリーなのですが、有名チェーン店の代表でもある「かつや」は、HPでカロリーを表示していません。


まあ・・・なんとなくわかる気が(^^;


そこでカツ丼のカロリーを表示しているところをちょっとまとめてみると・・



なか卯 861kcal


松乃家 979Kcal (ロースカツ丼)

和幸 ロースカツ御膳 1390kcal

ごはん処やよい軒 968kcal

オリジン弁当 947kcal



と、かなりの幅があることがわかります。


まず、一般的にカツ丼のカロリーは概ね800〜1000Kcalとなることが多いです。


これは、牛丼と比べると、正直高いと言わざるを得ません。


ちなみに吉野家の牛丼並で669kcalです。


なぜカツ丼はカロリーが高いのかというと、衣に巻いて油で揚げるカツ丼は、衣が吸う油によってカロリーは高くなるからです。



これに対して牛丼というのは、タレで煮ているだけで、さらにタレに滲み出た肉の脂はすくって捨ててしまうので、脂身というのは煮れば煮るほどなくなっていきローカロリーになっていきます。

実はぼくは学生の頃、牛丼屋さんでアルバイトをしていたので、牛丼の肉の色を見て何分ほど煮込んだのかわかります(^^)


これは色が濃ければ濃いほど煮込まれたお肉だと思ってください。


そしてそういうものの方がカロリーは低いです。


話が牛丼にそれてしまいましたが(^^;


カツ丼のカロリーの各社間の隔たりが大きいのは、衣の厚みが各種で相当違うからだと思われます。


また、和幸の 「ロースカツ御膳 1390kcal」に関しては、御膳なので、色々なものがあった総合的なものなので、一段高くなっていますが、それで済むレベルのカロリーではありません(^^;



だって牛丼2杯分ですので(^^;


カツ丼は栄養的には、肉厚で、付け合せも含めて割と充実していますが、何せ、「脂質」が多いです(^^;


あまりディスるとカツ丼各社から怒られそうですが、ダイエット的に良い面は何かないのか?というと・・


とにかく「腹持ちがいい」点はあると思います。


脂ものなので消化に時間がかかりますね(^^)


また、ロースよりヒレの方がカロリーは低く抑えられます。


この点をうまく生かして、どうしてもダイエット中にカツ丼やカツの定食を食べたい時は、ヒレをチョイスし、お昼ご飯に食べることをお勧めいたします。


そして、腹持ちの良いことを利用して、その日の夕食は少食にして、1日のカロリーの収支の帳尻を合わせる・・



くらいしか思いつきません(TT)


市場の伸びに対してディスるようで申し訳ないですが、ダイエットが気になる方はカツ丼屋さんに行くのなら、まだ牛丼屋さんに行くか、っそまだ焼肉屋の方が良いと思います。


焼肉は「焼く」という調理なので、調理段階で脂は実は入ってきません。


カルビを除けばイメージよりは低カロリーでいけますし食事の満足度も高いです


逆に天ぷら屋さんはお勧めはできません。


理由は油で揚げている時点でカツ丼と同じだからです。


たまに食べたくなる気持ちはよくわかりますが、ダイエット中の方は、極力控えた方がいいとは思います。



よろしければご参考にしてください(^^)


ではでは!!!

posted by てっちゃん at 00:25| ダイエット