2017年10月02日

チートデイの過ごし方や食べ方について

みなさんこんばんは!


今日は「チートデイの過ごし方や食べ方について」、というテーマでお話ししたいと思います。


まず、チートデイとは何かというと、「激しいダイエットをしている時に「わざと食べる日」を設ける、この「食べる日」のことを言います。


なんでダイエット中に「わざと食べる日」を設けるのかというと、激しいダイエットをすると、身体の代謝が悪くなっていき、体重の落ちが悪くなる時期があります。


そこに、ある一定の量の食事を与えて、燃えかすのようになっている身体に、「エネルギー」を与えて、代謝を上げることによって、燃えかすごと一気に脂肪を燃やしてしまう・・


そんなテクニックなんです。


これは、ボディビルダーやフィジーク選手の大会前の減量時によく使われるテクニックでもあります。


実際、僕もフィジークの選手やキックボクサー選手の試合前の減量にこれを計画的に実施して、大きく体重が減ったのを目の当たりにしたことが何度もあります。


しかし、当然「ただ闇雲に食べていい」というものではありません。


あくまで「計画的に」行わないとせっかく減った体重がリバンド一直線!!!!なんてことになりかねません。


チートデイとは双刃の剣でもあるのです。


今日は「チートデイでの実際の食べ方や過ごし方」について色々ご紹介したいと思います。


まず、「食べていい「日」」です。


しかも普通の食事をするというよりは、割と多め・・という結構好きなものを好きなだけ食べたりする人もいます。


そして「日」・・つまり・・・1日3食あるわけです。


どういう分配で食べたらいいのか?がまず最初の問題ですが・・・


まずチートデイとは「あらかじめ設定しておく」必要があります。


せいぜい取り入れても2週間に1度から一週間に1度くらいまでです。


つまりチートデイを迎えるまでには数日の「我慢」をしているわけで・・・・


すると「チートデイにはあれ食べてこれ食べて・・・・そうだあれも食べなきゃ!!!!」と、もうひたすらそのことだけ考えてこの日を迎える・・・


ということは本当に厳しい減量をしている選手なら少なからずあるものです(^^;


気持ちはわからなくもありません(^^)


ここでポイントですが「一番食べたいものはその日のうちのできるだけ早い時間に真っ先に食べておく」ことが大切です!!!


できれば朝食・・・遅くとも昼食には最も食べたいと思っていたものを食べるのです。


もうこの日が待ちきれなくて「もちろんそうしてます!!!(^^)もう真っ先に食べちゃう!!!!」という選手もいることでしょう(^^)


食べていい日なので、多分かなりの量を食べてしまうと思います! 特に好物であれば・・・


これを「夜寝る前にやってしまう」のがダメなチートデイの過ごし方です。


また、この「好物を食べる前」にプロテインとか、ちよっと飲んでおくと良いです。


するとある程度高タンパク低カロリーのものがお腹に入って多少空腹感が萎えているので、高カロリーのものの過剰な摂取が、ある程度抑えられたりします。


サラダや汁物でも構いません!!!


「いきなり一番食べたいものを好きなだけ食べる」と、必要以上に摂取カロリーが「増えすぎ」になる危険があるからです。


また、できればなのですが、「高脂肪」のものよりは「高炭水化物」のものを食べた方が良いです。


炭水化物はまさに「エネルギー」です。


脂肪も確かにエネルギーではあるのですが、炭水化物の方がより直接的にエネルギーとして利用されやすいですのです。


「エネルギーを入れて脂肪を燃やす」という観点からは「炭水化物を大量に摂取する方が良い」のです。


揚げ物、炒め物、生クリームなどはできるだけ避けるようにしましょう。


なのでラーメン全然OKデス!!!(^^) ただし背脂はダメです!!! みたいな感じですかね(^^)


いいのは「お寿司」とか「焼肉」です!!


IMG_3793.JPG



これらはかなりチートデイで大量に食べてもいい食事で個人的にはかなりオススメです!!!


下手に揚げ物や天ブラに手を出すのなら、全然美味しいお寿司屋さんや焼肉屋さんに行ってもらいたいと思います!!!


チートデイとは「あえて食べる日」なので、基本この日はカロリー無視で食べても本来はOKな日です。


しかし、より効率的にしたかったら「炭水化物」と「たんばく質」は大量に摂取してもOK


油は控えめで・・・


最も食べたいものの前にちょっとだけ何かお腹に入れてから食べる!!


それもできれば昼食に一番好きなものを食べる!!


などが注意ポイントです。


そして最後にせっかく「たくさん食べてもいい日」なので、「ゆっくりと食事を楽しみながら食べる」ことがとても大切です!!


十分に満腹感、幸福感を得つつも、中身を充実させることも忘れずに実施し、翌日は必ず「ダイエット食」にちゃんと戻すことも忘れないでくださいね!!


よろしければご参考にしてください(^^)


ではでは!!!

posted by てっちゃん at 00:34| ダイエット