2017年10月01日

ベンチプレスの基本注意ポイントについて

みなさんこんばんは!


今回は、「ベンチプレスの基本注意ポイントについて」というテーマでお届けしたいと思います!!


そう!! ベンチブレスでございます!!!!


みんな大好きベンチプレス!!!


もう、フリーウェィトトレーニングをやろうとした時に真っ先に行う種目といっても過言ではありません。


今日はこのエクササイズの基本的な注意ポイントについてお話ししたいと思います。


まず、最初に言っておかなければならないのは「5ポイントコンタクト」と言われるものです。


これは、


※ 両足の裏

※ お尻

※ 背中

※ 後頭部


の5箇所をちゃんと床やベンチにつけてトレーニングをしましょうというものです。


IMG_3782.jpg



これ特に多いのが「お尻がベンチから離れる」ことと、「かかとが浮く」ことです。


この二つは写真のようにセットになっていることも多いです。


IMG_3783.jpg


ではなぜこのようなことが起こるのかというと、お尻を浮かすと、バーベルを挙上する方向が、身体に対して「下方向」に変化します。


人間は身体に対して押す角度が下方向に押す方が強い力を出しやすいのです。


ちなみに身体に対して「上方向」に押す「インクラインバーベルブレス」は、普通ノーマルのベンチブレスより挙上重量が軽くなります。


さらに上方向の「バーベルショルダープレス」になるとさらに軽くなるものです。


また、この方法は足や体幹全部を使って「踏ん張れる」ので、力が入りやすいとも言えます。


しかし、この方法は単にもともと強く押せる方向に押す角度を移動しているだけであるので、この方法で仮に重い重量が上がったとしても、ベンチが強くなっているわけではないので注意が必要です。


また、下方向にばかりに押していると「胸の下部」ばかりに刺激が入ります。


すると胸の形が上部が薄っぺらく、下部ばかりがポリーュームのある変な形の胸になってしまうので、あまりオススメできません(^^;


手幅はバーベルを降ろしていって、上腕が床と水平になった時に肘の角度が90度くらいになるような手幅で行うようにしましょう(^^)


IMG_3784.jpg






バーベルを降ろす際は「必ず胸まで降ろす」ようにしてください。





また胸で弾ませるような動作をする方もいますが、これもあまりお勧めではありません。


胸までバーを下ろさないベンチブレスは、「胸の筋肉への刺激」がかなり少なくなってしまうベンチプレスとなるので、本当にオススメできません。


特に多いのが「あと2〜3cm」というところでバーベルを降ろすのを止めてしまう方がいるのですが、本当に勿体無いベンチブレスをしているなといつも感じます。






胸まで下ろした時の注意ポイントとしては、「バーベルの真下にひじがある」という点です。


ひじがバーベルよりも身体の下方向にあったり、上方向に降りているとひじに対して「ねじれ」て負荷がかかるのでひじを痛める原因にもなります。


IMG_3785.jpg

IMG_3786.jpg


IMG_3787.jpg




特にひじが身体の下方向に流れる「外旋」と言われるケースが割と散見されますので注意をするようにしましょぅ。


あげるときは肩の真上に来るように挙上します。


顔の上や、おへその方向に上げないように注意してください。


IMG_3789.jpg


IMG_3790.jpg



バーベルを持つ際の手首を曲げてしまう方も割と初心者にはよく観られるケースです。


これも手首に不必要な負荷がかかるのでオススメできません!!



IMG_3788.jpg



手首は出来る範囲でまっすぐを保つようにしてください。


最後にバーベルを押し切ったときですが、腕は伸ばすのは間違い無いのですが「ロック」しないように少しだけ「ゆとり」を持つようにしましょう。



特に女性の方に多いのですが、ひじ関節が柔らかく、腕を伸ばした時に「逆に曲がる」ひじをしている方がいると思いますが、こういう方がベンチをするときは腕は伸ばしきらないように注意しましょう!!


IMG_3792.jpg



色々と注意ポイントをあげましたが、上半身の最も基本となるエクササイズで「けが」をしないようにぜひ上記の注意ポイントを頭に入れてトレーニングを行うようにしてください(^^)


よろしければご参考に(^^)


ではでは!
posted by てっちゃん at 00:08| ガチ筋トレ