2017年09月11日

「ダイエット的、成長ホルモンを出しやすい実際のトレーニング」

みなさんこんばんは!


今日は「ダイエット的、成長ホルモンを出しやすい実際のトレーニング編」というテーマでお届けしたいと思います。


成長ホルモン・・・・ご存知ですか?


これは、トレーニングをすると、筋肉か作られる原因の一つとしてあげられるものなんですが、脳から成長ホルモンという物質が出ると、筋肉が合成されやすくなるのです。


でも、私の目的はダイエットだし!!


成長ホルモンなんて関係ないんじゃない?


なんて思われている方も多いと思いますが・・・


関係・・・大ありなんです(^^)


実はこの成長ホルモン・・・脂肪も燃やしているんです!!!


成長ホルモンは筋肉を作る働きだけでなく、体脂肪にだけは「分解を促す」働きも示します。


まさにいいとこ取りの両刀使いといったところです!!!


んー、素晴らしい!! 成長ホルモン!!!


IMG_3730.JPG


今日は、この成長ホルモンが出やすいトレーニング方をご紹介していこうと思います。


まず、運動には大別して、「有酸素運動」という運動と、「無酸素運動」という運動があります。


簡単にいうと、「有酸素運動」は、ウォーキング・ジョギング・バイク、水泳などのように、一定時間長く行い続けられる運動だと思ってください。


これに対して、無酸素運動というのは、簡単に言えば「筋トレ」です。


成長ホルモンがより出やすいトレーニングは?と聞かれれば、これはまず「無酸素運動」・・・


つまり「筋トレ」になります(^^)


次に、筋トレをどのように行えば「成長ホルモン」が出やすくなるのか?ですが・・・


筋トレを構成する項目には


※ 種目

※ 重さ

※ 回数

※ セット数

※ インターバル(休息)


があります。


まず「種目」からですが、これは大きな筋肉を複数使える種目で、なおかつ扱える重さも重い重さが扱える種目が適切になります。


どうしても女性が筋トレをする場合「二の腕」とか、「脇腹」とかの場所をトレーニングしがちになると思います。


しかし、成長ホルモンを出して痩せたい!!ということであれば、種目面では


「スクワット」「ベンチブレス」「デッドリフト」「ラットプルダウン」「シーテッドローイング」


IMG_3323.JPG


IMG_3266.JPG


IMG_3282.jpg


IMG_3284.jpg


IMG_3283.jpg



と言った大きな筋肉を使う種目がお勧めとなります。


次に重さと回数です。


筋肉をつけるようなトレーニングなんだから、めちゃくちゃ重い重さでトレーニングしろ!!なんていうんじゃないの?とか思われるかもですが(^^;


成長ホルモンの分泌を促したい!!という場合のトレーニングは「それほど重くなくて大丈夫」です。


「それほど」ですが・・・(^^;


では、どれくらいの重さというと、概ね10回から15回ギリギリできるような重さがいいです。


1回ギリギリとか、5回ギリギリ上がる重さでトレーニングすると、筋力が上がる筋トレではあるのですが、あまり成長ホルモンって出ないんです。


それよりはある程度回数をこなせるような重さでトレーニングしていただいた方が成長ホルモンは出やすいです(^^)



次にインターバルですが、セットとセットの間の休息は1分くらいがいいでしょう(^^)


少し短めの休憩時間で、それなりの回数をこなす筋トレがお勧めということですね(^^)


セット数に関しては、同じ筋肉に「立て続け」に3セットくらい行うことがお勧めです。


そう、「立て続け」です。


セットの組み方には、ベンチブレス→デッドリフト→ラットプルダウン→シーテッドローイングというように、1種目1種目変えて言って、これを1周回したら、また最初に行った種目からやっていくという回し方があります。


これはサーキットをグルグル回るように行っていくことから「サーキット式」と言われるセットの組み方です。



これに対して、ベンチブレスを立て続けに3セットやったら、今度はスクワットをたてつづけに3セット行う!!


全体の周回数は1回という回し方があります。


これを「セット法」と言います。


成長ホルモンを出していきたい!!という方には、この「セット法」の方がお勧めです!!!


ちょっとまとめると、「全身の大きな筋肉を使った筋トレ種目を、10回から15回、1分間隔で3セット、数種目行う」ことがお勧めです。


このトレーニングを週に3回行っていだければ、かなり自然に、そして十分な成長ホルモンが分泌できると思います。


脂肪を燃やしてくれる大事な成長ホルモンを多く分泌させてぜひ体脂肪を効率よく燃やして言ってくださいね(^^)


さらに筋トレの注意点は僕のYouTubeチャンネルもよろしければご参考に(^^)





ではでは!!!

posted by てっちゃん at 00:19| ダイエット