2017年09月05日

スピードアップトレーニングと筋力トレーニングの並べ方

みなさんこんばんは!!!


今日は「スピードアップトレーニングと筋力トレーニングの並べ方」というテーマでお届けしたいと思います。


スピードアツプのためにトレーニングを毎日トレーニングしている・・・という方、たくさんいらっしゃると思います。


筋力トレーニングも毎日やっている・・という方もいると思います。


さらに、瞬発力(パワー)を鍛えるトレーニングを毎日している・・・・そんな方もいるでしょう!!


これ・・・


毎日やっていいトレーニングとそうでないトレーニング・・


混ざっていますよね?


これらすべてをトレーニングする時に、どれが毎日同じトレーニングでよくて、どれが毎日同じトレーニングではダメか?


さらに、これらの組み合わせの順番に適切な順番はあるのか?


そんなことを考えたことはないですか?


今日はこの点についてご紹介したいと思います。


まず、よく言われるる「筋トレは毎日行っては行けない」という点です。


これについては全くその通りで、同じ筋肉に対しての筋力トレーニングには、通常最低48時間から72時間の休息が必要であると言われています。


つまり上記のトレーニングで、「筋力トレーニング」に関しては、毎日同じメニューでは行けない!!ということになります。


これに対して、スピードアップのためのトレーニング・・


これは毎日行っても大丈夫なトレーニングなんです(^^)


また、スピードアッブのためのトレーニングといってもいくつか種類があります。


※ スキップやマーチ系の種目

※ 各種ドリル系種目

※ 実際のスプリント種目


これらは、毎日、しかも割と同じメニューでもOKです。
(でもちょっと変化は加えた方が良い)


例えば、短距離選手がトレーニングで、短距離のスプリントトレーニングは、大抵毎回やりますよね(^^)


野球の選手も、サッカー選手もダッシュ練なんて毎回やると思います。


IMG_3587.JPG



この毎日やっていいトレーニングとダメなトレーニングの違いに何か基準があるのか?と言われれば・・・


これは筋肉にかかっている負荷のかかり方の違いによります。



「高負荷(高重量)・低スピードトレーニング」なのか、

「低負荷・高スピードトレーニング」なのか?


の違いだと思ってください。


速く動ける運動は毎日行っても大丈夫です!


負荷が強すぎてゆっくりしかできないトレーニングは休息が必要です。



そして問題は瞬発力です(^^;


これはプライオメトリックトレーニングというジャンプ系の種目と、さらにクリーンというバーベルを一気に挙上する種目があります。


IMG_3240.jpg


IMG_34712.jpg



これらのトレーニングは、「高負荷・高スピード」トレーニングとでもいいましょうか?(^^;


その中で各種ジャンプ系のトレーニングには「低負荷」のものと「高負荷」なのとに分かれます。


低負荷なものに関してはある程度毎日でも大丈夫です(^^)


高負荷のものはさすがに毎日はお勧めできません(^^;


クリーン系エクササイズに関しては、これは48時間空けた方がいいと思います。


もしくは種目を微妙に変えて、同じ筋肉に全く同じ負荷がかかることを避けるようにトレーニングした方が良いと思います。


トレーニングのならべかたとしては、


※ アップ

※ 各種スキップ系トレーニング

※ 各種ドリルトレーニング

※ 低負荷プライオメトリックトレーニング

※ 各種スプリント系トレーニング

※ 高負荷プライオメトリックトレーニング

※ クリーン系エクササイズ

※ 筋トレ


の順に並べます(^^)


筋トレは、月曜日スクワットなら、火曜日はベンチブレスというように、毎日トレーニングする場所を変えるのは絶対です!!


クリーン系エクササイズと高負荷プライオメトリックは、交互に(月曜は高負荷プライオ、火曜はクリーンというように)行った方がいいと思います。


まあ、できれば毎日やっていいトレーニング(スキップトレやスプリントトレ)ももちろん細かく内容は変化させた方がいいですが、この辺は個人レベルで処方されるべきレベルの話になります。


いろいろ書きましたがよろしければご参考にしてくださいね(^^)


ではでは!!!!

posted by てっちゃん at 00:39| ジャンプ、スピード、アジリティ