2016年09月30日

「疲労回復のためのビタミン」

みなさんこんばんは(^^)



毎週木曜日の夜は「疲労」をテーマにお届けいたしております。



今日は「疲労回復のためのビタミン」というテーマでお届けしたいと思います。


身体の疲労には、栄養バランスの良い食事での疲労快復は不可欠となります。


まあ、それはわかっているんだけど・・・・という方も多いと思いますが、具体的に「どうすれば栄養バランスが良くなるの?」と具体策の部分で行き詰まる方も多いのではないでしょうか?


まず、代表的なのは「高たんぱく質、低カロリー食」と言われるもので、お肉やお魚を多く!! 油は少なく!!!という食事が推奨されます。


また、主食であるご飯、パン、麺などで炭水化物(糖質)を十分に補給することも疲労回復には不可欠になります・・・・が・・・



人間の主要エネルギーである「炭水化物(糖質)」「たんぱく質」「脂質」の3大エネルギーだけでは、エネルギーがうまく代謝されず、十分なエネルギーの有効活用ができないんです。



では、主要エネルギーを十分に身体の中で活躍してもらい、エネルギータンク満タン・・・つまり疲労のない状態にするには・・・


ビタミンがとても大切な役割を果たします!!!


今日はどんなビタミンがどんな活躍をするのか?について簡単にご紹介したいと思います。


まず、疲労回復に代表的なビタミンは・・・・・


ぶっちぎりで・・・ビタミンB群になります!!!!!


群という表記の通り、ビタミンBにはいくつもの種類があります。


まず、疲労回復に最も大事なのは、ビタミンB1です!!!


これは、主食である炭水化物(糖質)の代謝を助ける大事なビタミンなんです!!!


ちなみにダイエットしたい方には、脂質の代謝を助けるB2を・・・、筋肉をつけたい方にはたんぱく質の合成(分解にも関わりますが)に主に関わるB6が大事になってきます!!


で、今回のテーマであるビタミンB1ですがどんな食事をしたら取れるの?という具体策が大事になってきますよね(^^)


まず、一日の基本摂取量ですが・・・・

成人男性は1日1.3mgから1.4mgになります。


成人女性は1.1mgが摂取基準になります。


次にビタミンB1が多い食材は・・・


ぶっちぎりで「豚肉(ヒレ肉か、もしくはもも肉)」か「うなぎ蒲焼」になります。



んー、疲れた時にうなぎを食べるのはやっばり適切だったんですね(^^)


具体的にどれくらいビタミンB1が含有されているのかというと、豚肉は一食80gあたりで0.75〜0.78mg、うなぎは一食100gあたり同じく0.75mgになります。


これは、他の比較的ビタミンB1が多いとされている食品が概ね、一食あたり0.2mgくらいの含有量なので、他の食品の3倍くらいの量に当たります。


実はちょと狙い目なのは「オレンジジュース」です。


200ccで0.14mgのビタミンB1が含有されています。


食品よりは水分での・・特にジュースなら飲めるという方も多いと思います。


他の比較的ビタミンB1が多いとされている食品が概ね、一食あたり0.2mgくらいなので、オレンジジュース一杯でそれに近い量を取ることができるので、疲れているときはこまめにオレンジジュースを飲むのも一つの手だと思います。



疲れているときは3食、食後にオレンジジュースを1杯のみ、あとは、豚肉を使った料理を一食、一日のどこかで食べていただければ一日の必要摂取量のかなりの部分を補えると思います。



さらに、魚系では、紅鮭、ぶり、まながつお、さば、めじマグロ、豆系では大豆、枝豆に多く入っているので、どこかの食事で魚系のおかず一品と、夜に枝豆でほぼ完璧と言えるでしょう(^^)



ビタミンB群は水溶性ビタミンと言って、水に溶けてしまうため、大量に水分をとってトイレで小をする度、もしくはスポーツで大量に汗をかくたびになくなってしまうビタミンです。


しかし、反面大量に摂取してもそれほど過剰症を心配する必要がないので、毎日の食事でしっかりと補給していってもらいたいと思います(^^)



よろしければご参考にしてください(^^)



ではでは!


今日の日記ブログ
おじさんトレーナーの悪戦苦闘の日々
計量突破!!!!


はこちらから(^^)
posted by てっちゃん at 02:03| 疲労