2016年04月30日

「スポーツでできやすい歪みを治してみよう!!!」(^^)

みなさんこんばんは!!


毎週金曜日の夜は「歪み」をテーマにお届けいたしております


まず最初に今日は、ちょっと一つお詫びを(^^;


前回の歪みのブログの記事「普段のなにげない動きで骨盤はどう動いているのか?」について が記事の途中で切れてしまっていました!!


大変申し訳ありませんでした!!



一応完全版をもう一度アップしていますので、よろしければこちらから御覧ください。


「普段のなにげない動きで骨盤はどう動いているのか?」について



てとこで、今週のテーマですが、今週は、「スポーツでできやすい歪みを治してみよう」というテーマでお話ししたいと思います。


スポーツでできやすい歪みには、超ざっくり分けて二つあります。



まずその一つは「猫背」です。


どんなスポーツをしている人に多いかというと「バスケ」「バレー」「野球」「格闘技全般」「卓球」「テニス」「バトミントン」といったところでしょうか・・・・・



要するに「前かがみの姿勢が長い」人に言えますね。


前かがみの姿勢が長いと、「肩甲骨と肩甲骨の距離」が離れている時間が長くなります。


肩甲骨周りには細かな筋肉が集まっていています。


そして、肩甲骨は基本的にかなり「自由に動かすことができる」ものです。


自由に動かすことができるということは、「筋肉でいろいろな方向に動ける」ということが言えるわけで、周りに色々な筋肉が集まっているとも言えます。


これらの筋肉が「肩甲骨と肩甲骨が離れた状態で固まる」ことをが、猫背の原因だったりします。

「筋肉が固まる」なんてことあるの?なんて思われるかもですが、これは普通によくあることなんです。


 筋肉は長い時間同じ姿勢でいると、その状態で固まりやすくなってしまうんです。



なので、これらのスポーツをしている方はできるだけマメに、この「肩甲骨周りの筋肉をリセット」してあげることが大事なんですね(^^)



では、どうすればいいのかというと、 本当はポールを使うのが一番いいのですが、もちろんない方もいると思うので、家にあるもので代替していただいて大丈夫です。


まずは、クッションか、座布団を二つ折りにして、床に置き、そこに肩甲骨の中間を置くようにして仰向けに寝ます。



腕はだらっと下げて、手の甲が床につくようにし、手のひらは天井を向くようにします。



まずは、そこから「息を吸いながら」両手をゆっくりと上げていきます。


手の甲は床についたままです!!!


体の横を両手が上がっていくようにします。


これ以上あげると手の甲が床から離れちゃう!!というところまで手が上がったら、「息を吐きながら」ゆっくりと手を下ろしていきます。


ポールストレッチていう「胸開き運動」ですね(^^)



これを数回行いましょう。


ポイントは「胸は息を吸うときに大きく風船が膨れるように大きく」膨らまし、手を下ろすときはそれがしぼむようなイメージで行うようにしましょう。



次は、手の甲で床に「円」を描きます。


最初は小さな円から、徐々に大きくするようにしましょう!!!


手の甲が床から離れない範囲でできるだけ大きな円を描けたら徐々にその円を小さくしていきます!


次はその反対向きにも円を円を描いていきましょう。


ポールストレッチでいう「床磨き運動」ですね(^^)


肩甲骨がいろいろな方向に伸び縮みしているのがわかるとおもいます(^^)



そして、今度はポールストレッチ次は「手のひらを下」にしましょう!!!



これで再び「胸開き運動」と「床磨き運動」と行います(^^)


クッションや座布団の上でこれらの運動をすることによって、肩甲骨を寄せた状態で行うことがとても大切です。


スポーツでできる「猫背」に関して、まず家でできる簡単かつ、かなり効果的なエクササイズです。


よろしければ是非た目してみてください(^^)


次回は、もう一つの歪みに関してご紹介したいと思います(^^)


お楽しみに(^^)

ではでは!!!!



今日の日記ブログ
おじさんトレーナーの悪戦苦闘の日々
ステーキガスト



はこちらから(^^)
posted by てっちゃん at 00:06| ゆがみ