2018年07月23日

ダッシュで痩せる!!!

みなさんこんばんは!


毎週日曜日はダイエットをテーマにお届け致しております。


今日は「ダッシュで痩せる!!!」というテーマでお届けしたいと思います。


IMG_3587.JPG



前回は、「時間がない!!という方へのダイエット」というテーマで、時間がない方は、ダイエットの基本的な運動である


・強度の低い「有酸素運動」を

・できるだけ長時間行う


ことができない方もいるというお話をしました。


長時間の運動=当然時間がかかるわけですので(^^;


で、そういう方はもう「強度を高くする」しかないというお話を全開しましたが・・・・・


強度の高い運動・・・筋トレ?と思われる方もいると思いますが、これ「有酸素運動」をそのまま「強度を高く」した方がいいのです。


有酸素運動を強度を高くして・・それこそ全力に近い強度で行うと、それはもう有酸素運動という運動ではなく無酸素運動になってしまうのですが、それはそれで構いません。


そして今日は、そもそもそういう運動でも痩せるのか?というテーマでお話をしたいと思います。


これがですね・・・色々と研究されていて、結構結果がちゃんとでいるんです!!!


ちょっと研究事例をご紹介します!!


まず、45名の非活動的な標準体型の女性に8秒間の最大スプリントと12秒間のインターバルを繰り返して行うトレーニングを15週間行った例です。


ちなみに、どこかで聞いたことのあるようなトレーニングだなあと思われている方もいるかもですが、こういうトレーニングはHIITと言います。


これは高強度でのインターバルトレーニングという意味です。


日本でのHIITの代表ははタバタプロトコルという、日本のタバタ先生が、20秒の全力での運動と10秒間の休息を8セットだけ行うだけで身体能力が向上するという手法を世界に広めています。


しかし、田畑先生自身は、心肺持久力の向上のエピデンスはあるものの、脂肪の原料効果のエピデンスはないとご自身の著書で書いています。


そして、まずご紹介する研究の手法なんですが・・・


8セットどころじゃあありません(^^;


なんと、60セット行ったそうです(^^;


死んじゃいそうなメニューですね・・・すごい!!


8秒のスプリントと12秒のインターバル×60セットだと、20分間のトレーニングになります。


確かに時短ですが・・・(^^;


そして、わずか20分のトレーニングで15週間後は体脂肪量は、平均11.2%減ったそうです。
(平均約2.5Kg(


また別の研究でも、8秒のスプリントと12秒の休息を同じく60セット!!を32名のトレーニング経験のない過体重の女性32名に12週間行わせた研究があります。


先ほどの研究と違いは、対象者が標準体重であるのか、過体重であるのか?の違いはあります。


この研究では、体脂肪量は平均して約2.6kg減っています。


んー、やっばり、60セットも4ヶ月以上やれば、流石に効果が出るようです(^^;


いやいや、60セットとかじゃなくて、もうちょっと少ないのない?


なんて声が聞こえてきそうですが、これも結構あります。


かなり速いペースでのランニングを3分、ゆっくりとしたランニングを3分、これを5セット、60名の非活動的な過体重の女性に12週間処方した例です。


これではなんと、平均の脂肪量は5.8kgも減っています。


まあ、この場合、「積極的休息」といって、完全な休息をしているわけではないので、実質30分間結構ハードなトレーニングをしているわけです。


そして、これを過体重の人に処方すれば、これくらいの効果はあるのも頷けます。


60セットとか、30分ハードに動くとか・・・もうちょっと楽そうなのない?という声が聞こえてきそうですね(^^;


では、活動的な男女20名に30秒のダッシュと4分の休息を4回から6回、6週間行った例です。


これですと流石に効果は限定的で、女性は1.7kg減だったそうです。


しかし、男性は非常に反応がよくてなんとマイナス3kgの効果が出たそうです。


こういうトレーニングは、筋肉量の多い男性の方が、反応は良いという報告もされているようです。


どうしてもトレーニングに長い時間が取れない・・でも痩せたいという方は、ぜひこの高強度インターバルトレーニングを取り入れてみてはいかがでしょうか?


ただ、ちょっとだけやる・・という感じてはなく、それなりの量はこなさないと結果は出ないようですので、少し体力に自身のある方が行うと良いと思います。


よろしければご参考にしてください(^^)


ではでは!
posted by てっちゃん at 00:14| ダイエット