2019年02月19日

片足で立っている時の出力&バランスを上げるトレーニング法 スリーポインテッドタッチスクワット

みなさんこんばんは!


毎週月曜日の夜は「スピード・ジャンプ力アップ」をテーマらお届けいたしております。


今日は「片足で立っている時の出力&バランスを上げるトレーニング法」というテーマでお届けしようと思います。


実際のスポーツシーンにおいて、片足で踏ん張るという場面は、たくさん起こっている場面だと思います。


また、その片足で踏ん張ってから、色々な方向に力を出したり、方向転換をしたり、また、その時にバランスをうまくとる事に迫られるなんてことも多くあると思います。


この能力が高ければ高いほど、それらのシーンで高いパフォーマンスを発揮できることは容易に想像できます。


しかし・・・・普段のトレーニングでこういう時の為のトレーニングをしている方っていますでしょうか?


もちろん競技そのものをやっていれば自然とこういった能力も身につくと思います。


しかし中には、競技しているだけではなかなかうまくならないと悩む方もいらっしゃるでしょう。


そこで、今日はこういったシーンにとても役立つトレーニング法をご紹介したいと思います。


まず、基本エクササイズは「片足スクワット」です。


普段のスクワットを両足でやっていたりする方は多いと思いますが、なかなか片足スクワットを定期的にトレーニングしている方って少ないのではないでしょうか?


その理由の一つに、「膝に悪そう」とか、「そもそも片足スクワットができるほど筋力がない」という方も多いと思います。


しかし、スポーツシーンで片足で踏ん張る力を養いたいのであれば、「片足スクワット」は、ぜひやるべきエクササイズの代表格と言えます。


やり方は簡単です。


腰に手を当てて、片足立ちになり、上げている足とお尻を後ろに引きながら、もう片方の足でスクワットをします。


この時に上半身が横に傾きやすくなりますので、その点は十分に注意するようにしてください。


筋力がない方は、ハーフスクワットくらいでも全く構いません。


「片足で足を曲げて踏ん張る」という事に慣れることが大切なのです。


また、「しゃがみきる」必要もありません。


普通のバーベルスクワットのように「太ももの前面が床と平行」になるくらいのところまで下ろしたら上げるようにしましょう。


むしろしゃがみきるより、ここで止めて上げる方が大変な方もいると思いますが、なんとか頑張って見ましょう。


次にご紹介するトレーニングは「スリーポイントタッチスクワット」です。


これは自分の周りに3箇所ミニコーンを置きます。


そのミニコーンに指先を触れるようにしながら片足でスクワットをする手法です。


低いところに、さらに左右にあるミニコーンに触れようとするには身体を捻ってミニコーンにタッチする必要があります。


パランス感覚を鍛えながらなおかつ片足で踏ん張らなければならないとても高度なトレーニングであると言えます。


ミニコーンに触れる時は、左右それぞれの手でタッチするようにすると、それぞれで身体の使い方が違うため、色々なバランスの修正能力を鍛えることができます。


IMG_5461.jpg


「ボディコントロール」という言葉ありますが、まさにボディコントロールしながら力を発揮するエクササイズです。


もちろん左右それぞれやると不得意な足や体制が出てくると思いますが、自分の弱点を発見するにも良いトレーニングです。


ぜひ、片足を踏ん張りながらボディコントロールの能力を鍛えたいという方はご参考にしてください(^^)


ではでは!!!
posted by てっちゃん at 00:05| ジャンプ、スピード、アジリティ